淫ちょーさんの馬鹿げた語録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


まったく馬鹿げている!
くだらない馬鹿話はさておき、だ。
実に馬鹿げたチョイスだ
傘も差さずに歩くなんて馬鹿げている
馬鹿げていると思うかもしれないが
馬鹿げたことを言うな!
ば、馬鹿げたことを言うな!ふん!
馬鹿げている、ああ馬鹿げている……
馬鹿げたことになった
こんな馬鹿げたことになったと知られたら
馬鹿げている……
ば、馬鹿げている。
馬鹿げた箱庭の国だ

気を張っていたのが馬鹿らしくなる
ふふ。ああ、馬鹿げている……
お前達がこの学校に入れたこと自体が馬鹿げている。
ば、馬鹿げているっ!
馬鹿げた言葉遊びだが

ふぅ……馬鹿げている。
本当に、馬鹿げている……
……馬鹿げている。
……馬鹿げた話だ、
わからないな……馬鹿げている……
だから笑おう。馬鹿にしたように笑おう。
本当に……ああ、馬鹿げている。
いろいろ考えていた私こそが、馬鹿げている、な。
まったく、この男はどまで馬鹿なのだろう。呆れる。
優しいだって、馬鹿だな。
……馬鹿げているよ。本当に。
やれやれだ。馬鹿げたことになった。
そんなのは、どうしようもなく――馬鹿げている!
これは、非常識すぎる。馬鹿げている……!
実に対等だ、馬鹿げてはいない。
馬鹿げている、と微苦笑を漏らした。

ば、馬鹿げている……!
まったく、馬鹿げている!

何を口走っているのだ、お前は。馬鹿げている。
当たり前だろう、馬鹿げている!
どうでもいい、実にどうでもいい。馬鹿げている……
戻るものか!馬鹿げている!
馬鹿げているな。そして無意味だ。
ば、馬鹿げている!
馬鹿げている……ああ、馬鹿げている!
なんと馬鹿げた状況だ……
ありえないことだ。馬鹿げているな。
何を言うのかと思えば、馬鹿げている。
ふふっ。ああ、馬鹿げている……
お前も大きければ大きいほどいいという主義の男か、まったく馬鹿げている。
だ……大丈夫だ。馬鹿げている、
馬鹿げているが、お前を殺すのが目的のようだったな。
馬鹿げていることだが、一応聞いておこう。
ば、馬鹿、じろじろ見るな!
……などと言うとでも思ったか、闇曲拍明!まったく馬鹿げている!
多分、奴らとつきあって馬鹿になったのだろうよ!
ただの馬鹿な人間だ。
馬鹿げている。結局《知りたい》欲求が為ではないか!
もう今の話はおわりだまったく馬鹿げている!
馬鹿げている、と錐霞は呻いた。
馬鹿げている……!

じ、じろじろ見るな……馬鹿げている!
……ふん、馬鹿げているな……
馬鹿げた話だ
馬鹿げていることだが、その不安を取り除けるなら
その……ば、馬鹿げている!
も、もう一度言うぞ。馬鹿げている!
馬鹿げている……馬鹿げている……
まったく、馬鹿げている……
……ば、馬鹿げている!
馬鹿げているな……やれやれだ

あまりいいことではないぞ……馬鹿げている。
まったく馬鹿げている。
馬鹿げている……
馬鹿げた考えではあるが

私もこの男がふしだらに馬鹿げたことをしでかすのは看過できない。
な、何を興味深そうに見ているのだ、馬鹿げている……!
馬鹿げている。ああ、馬鹿げている。
いつもの《未知》への欲求か。馬鹿げている。
まだ意味不明な抽象画を買い集めるほうが趣味がいいと思えるな。馬鹿げている。
馬鹿げているな。
ふん……どうだか。馬鹿げている。
漸音達の来訪は無駄になった。馬鹿げている。
馬鹿げている――なぜ気付かない!
大違いだ!馬鹿げている!
(馬鹿げている。馬鹿げている。馬鹿げている――)
こんな状況で言うのは馬鹿げている。が、一応……
な。ば、馬鹿げている!
ば、ばばば馬鹿げている。馬鹿げて、馬鹿げている……う、ふふ、ふふふっ……
似合うか似合わないかなどはどうでもいいのだ、馬鹿げている。
貸せ!まったく……馬鹿げている……!
馬鹿げている。自慢などしたくもないが、あえて言おう……
ああ、本当に、馬鹿げている!
ああくそ、馬鹿げている……
……馬鹿げた推理だが
お前達の願いはわかる……馬鹿げていることだがな。
やれやれ、馬鹿げたことだ……
ふん、馬鹿げた真相だ。
ば、馬鹿げている……ふん!
貴方は馬鹿げた回り道をしたと言わざるをえない。
馬鹿げた秘密主義はこれで終わりにしてもらいたいところだ
……そんな、特に意味もない、馬鹿げたことを。
無用な騒ぎを許すのです。馬鹿げている!
ふん、そんなところだろと思った。馬鹿げている……
仕方ないにしても、ああ、馬鹿げている……
う、うるさい!馬鹿げている!

いや、この程度のことで浮かれるなど……馬鹿げている……
ば、馬鹿げているが、一応中身も見ておくとするかな。
な、何を言っている黒絵くん、馬鹿げて、馬鹿げている!
私は落ち着いている、馬鹿げていりゅ!
なんと、なんという……失態だ……馬鹿げている……
馬鹿げた商売だと言わざるを得ないな……
それは、より一層……ば、ば、馬鹿げている!
やれやれ、馬鹿げた騒ぎだったな。
な、なんだと、馬鹿げている!
――ば、馬鹿げている!今度家に行ったときには忘れずに見せてもらおう!
錐霞は厳しい目でいつもの口癖を呟き
声を出せないなどというのはこれ以上なく馬鹿げている。
この馬鹿げた初詣がようやく終えられそうだ
……馬鹿げている。ああ、どうしようもなく、馬鹿げている……
くそ、ここで逃がすとは、馬鹿げている!
馬鹿げたことか、そうでないかは――まぁ、やってみなければわからない、か
……これは、本当に、馬鹿げている……!
馬鹿げていると思うかもしれないが、真実だ。

ば、馬鹿げて、いる……
製菓会社の馬鹿げた思惑に乗せられているような気がしないでもないが
ふん、まったく、馬鹿げている!
当然、馬鹿げているほど言うまでもないことだが、義理だぞ。
まさか。馬鹿げている。ありえない。そんな。そんなことが。
ば、馬鹿げて……いる。じ、冗談は止めろ。
ば、馬鹿げて、いる……
馬鹿げている。
他人事のように言っていたよ。馬鹿げている。
その言葉を信じられればいいがな。馬鹿げている。
お前の馬鹿げた人生相談に付き合う気はない。
関係だと?馬鹿げている。
自発的に心に留めようともしていなかった。馬鹿げている。
今の私はいろいろ気が回っていない……馬鹿げている……
ああ、馬鹿げている。
それは、本当に――馬鹿げている、だ。
あの男に連絡などするものか。馬鹿げている……
お前が気にすることではない。馬鹿げている。
それこそ馬鹿げている。適当なことを言うな。
だけのこと? 馬鹿げている。
呪いという重要なファクターを忘れていたことが馬鹿げているというだけだ。
誰が。馬鹿げている。
白昼夢を見ていたかのような気分だ。馬鹿げている。
ば――馬鹿げているっ!そんなこと許しはしないぞ、変態的にも程がある!
錐霞は『馬鹿げている』とか言って興味ないかもしれないし、
……今がどんな状況か? 馬鹿げている――
馬鹿げていると呟いてから、
理屈などに興味はない。馬鹿げている。
呑気に立ち話など、馬鹿げている。
――ふん、馬鹿げた気紛れか、そこにも何か理由があるのか……
わかっていてやっているのではないだろうな……? 馬鹿げている。
馬鹿げたことがだ、それが仕事のようなものだ。
お前の考えていることくらいはわかる……馬鹿げている。ああ、本当に馬鹿げている。
本当に――馬鹿げている……!
ああ……馬鹿げている、な……
文字通りに、足元を、掬われたな……馬鹿げて、いる。
馬鹿げている……馬鹿げている! 貴様は、やはり!
馬鹿げている……どれだけ行動が真摯に見えたとしても
馬鹿げている……言ってやる義理はないが、言っておいてやろう。
馬鹿げている。勿論、私は私できちんと調べた。
馬鹿げている。こんな思考には何の意味もない。
とにかく、違う。馬鹿げている。
馬鹿げた戦力差だが……さて。どうやって戦っていったものかな?

ⅩⅠ

こ、ここは学校だぞ!馬鹿げている!
馬鹿げているが、神頼みでも何でもしたい気分だ……
ば、馬鹿げている……っ!
馬鹿げている。さすがに時期を逸しすぎている。
馬鹿げている。
やれやれ、馬鹿げた騒ぎだった。
本当に、馬鹿げている!
何の意味があるのだ。馬鹿げている。
まったく、馬鹿げている……
馬鹿げたことに、あれからまだ彼女と直接会ってはいなかった。
帯と尻の間に挟んで持っていたということなのだろうか……馬鹿げている
答えは決まっていた。馬鹿げている、だ。
馬鹿げているな。では、この国に来た理由は、と聞き直すか。
馬鹿げた方法だ!
馬鹿げた取引だ。
確かにこういう性質だったな。馬鹿げている。
馬鹿げている。便宜を図れ、などといきなり言われてもな。
助けてほしい、などというのは馬鹿げた矛盾ではないか
馬鹿げている―― 一つ聞きたい。
馬鹿げた策だとは思えない。
馬鹿げた研究組織だけだろう。
その通りだ、馬鹿げている……
はは、馬鹿げたことだが、それも案外私達らしいのかもしれないな。
馬鹿げているほどに前置きが長いな。
一般的な単語で言うのは今更馬鹿げているな。
それにしては馬鹿げたほどに断片的だ。
やはり、残る手段は、そういうことになるな。馬鹿げている。
ミスコン!?馬鹿げている!
しかし何をすれば馬鹿げているどうしようどうすればどうしたらっ……
胃が痛くなってきた。気のせいか?馬鹿げている……
はっきり、言ってみろ、馬鹿げている……!
馬鹿げている。違う、馬鹿げてはいない。
馬鹿げている。四方向から来ているものが二人でどうにかできるものか。
そういうことだ。馬鹿げているな。
ば、馬鹿げて……いや、君には誤魔化しても無駄か。
馬鹿げた強さだ……
奴らはそれだけ、馬鹿げたことをした!

ⅩⅡ

「馬鹿げている」
こんなところ、誰かに見られたら……ば、馬鹿げている……!
ああ。本当に……馬鹿げて、いる……
い――いちいち私に断るな。馬鹿げている。
なんにせよ緊張している場合ではない、ああ、馬鹿げている――
そもそも『へは』とはどんな声だ……!まったく馬鹿げている!
……馬鹿げている。何を見ている?
夜更かししすぎて明日動けなくなる、というのはひどく馬鹿げたことだ
まったく……ば、馬鹿げている……
馬鹿げた希望的観測かもしれないが。
理事長は単に私達を驚かせようとして黙っていただけか。馬鹿げている。
悪いことではないのだろうが……馬鹿げている、か?よくわからないな。
ない。帰れ。馬鹿げている。
ん?そうか?そうか……馬鹿げている、な。
馬鹿げている!か、可愛くなど!
こ、個人的には……追うしかない、という結論だ……!馬鹿げたことだが!
貴様が戯けたことを言うからだ――馬鹿げている。
私達をずっと尾行していたということだろう。馬鹿げている……!
破れたジャージはどうにもならないがな。馬鹿げている……
人として?馬鹿げている――お前は既に人ではない。
だからごく普通に同行する。それだけだ、馬鹿げたことは何もない。
馬鹿げた迷信と言えば、それまでだが
――馬鹿げた悩みなのかもしれないがね。
他人の悩みは自分にとっては全て馬鹿げたもので、自分の悩みは他人にとっては馬鹿げたものだ。
丸、太……?馬鹿げている。
ああ。散々馬鹿げたことをしてくれている……
馬鹿げている、何度でも言おう、馬鹿げている!かつてないほどにな!
ど――どういうことだ!馬鹿げている!
馬鹿げている。馬鹿げている。馬鹿げている。
――馬鹿げて、いる。
よかった、だと……?馬鹿げている、ああ、馬鹿げている!

ⅩⅢ

雪の重量というものを侮るのは馬鹿げている。
ば、馬鹿げている!
や、夜知、こら、馬鹿げている、何を、何を見ているっっ!
ひ!?ちょ、夜知、夜知、馬鹿げ、馬鹿げているっ!
雪かきをしてお茶を飲んで帰るというのも馬鹿げている。
馬鹿げていると言わざるをえないな。
馬鹿げているな……あれだけやってもらっても駄目なのか。
はたしてそれは、馬鹿げていることか、そうではないのか。
馬鹿げたことだが、気付かなかった。
そうだな……馬鹿げているが、彼女が人より不器用だという可能性も無くはない……
馬鹿げている。君はとりあえず彼女を連れて家へ帰るべきだろう。
馬鹿げたミスだが、明日提出の宿題プリントを机に忘れていてね。
馬鹿げている。
いきなりそれは意味がわからないぞ馬鹿げて――
こら、そんなに見るな夜知、馬鹿げている……くぅっ……
まずいのか夜知!?ば、馬鹿げている。
ば、馬鹿げている……何だ、わけがわからない……もう知らないぞっ。
ええい、ほら、これていいのかっ!?馬鹿げているっ……!
のっ……は、くっ……ば、馬鹿げっ……そ、こ、んぐぅぅっ!?
き、綺麗……?ぬふ、馬鹿げている……だが、こんな夜知も新鮮だな。
あんな馬鹿げた状況だったんだ、なかなか頭も働かなくてね。
い、痛いと聞くぞ。馬鹿げているが、我々には想像もできないほどにな……
まあ、私達が馬鹿げた被害を被ったのは事実だが
ば、馬鹿げている。それは、ひどく馬鹿げている、ぞ……


シイきゅーぶ!

……ば、馬鹿げているな
やれやれだ……馬鹿げている。
天才ムチ使いだとでも思っておいてくれ。馬鹿げているがな。

フィアと愉快な仲間たちのRPGコスチューム

ば、馬鹿げているっ……!


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|