呪い屋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】


【初出】
-44

【登場巻数】

【解説】
千早が副業として行なっている商売。
恨みがある誰かの依頼で呪いを代行する。
千早自身は対象者の名前を聞くだけで顔等は知らない。
依頼は携帯電話で受け付けているようだ。

千早伍鈴がより強く呪われ力を発揮できるようにするため呪い屋を行なっていた。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|