神楽鈴(かぐらすず)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】

【元ネタ】
楽器 図鑑 巫女鈴 神楽鈴
作中での描写通り。
※使用時の動画あり。

【初出】
-196

【登場巻数】

【解説】
巫女が舞う時に持つもの。
短い錫のような形で、長い色布がついていて、リング上に鈴がついている。
三段に分かれていて、最下段の輪には七つ、真ん中には五つ、一番上には三つついている。
そのため、別名、七五三鈴と呼ばれている。

伍鈴呪われた神楽鈴。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|