四番機構・揺式振子態《永訣刻する処刑鎌("The pendulum")》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
フィアの機構

【元ネタ】
エドガー・アラン・ポーの短編小説『陥穽と振子(The Pit and the Pendulum)』に登場する振子の装置。
鎌は「時の翁」が持っている大鎌。
落とし穴と振り子 - Wikipedia
ただし、作品に登場する凝った拷問は、19世紀はもちろんいかなる時代のスペイン異端審問の活動とも歴史的な平行性を持っていないらしい。

【初出】

【登場巻数】
ⅩⅠⅩⅡ

【解説】



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル