古典論文研究会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

量子力学

EPR

Friedrich and Herschbach(2003)

NapoitanoさんオヌヌメのStern-Gerlach experimentのおはなし。Sakuraiより

素粒子・原子核・宇宙物理

Rutherford(1911)

もっと見やすいのがあった。(注:PDF直リンク)

B2FH

Yukawa(1934)

大阪帝国大学の紙に書かれた論文

Anderson(1933)

ポジトロンの発見

Alpher-Bethe-Gamow(1948)

著者名で遊んでるガモフさんもふもふ

Bethe(1949)

Betheによるeffective rangeの理論のreview.

Kobayashi and Maskawa(1973)

2008年ノーベル賞

Koshiba et. al.(1987)

NAP界の巨人の論文ですよ

James Chadwick(1932)

S田さんおすすめ中性子発見の論文(注:PDF直リンク)

James Joyce(1939)

小説"Finnegans Wake"第2巻4章冒頭。

Gell-Mann(1961)

八道説(eightfold way)

J.M.Maldacena(1998)

Ads/CFT対応の論文。引用件数がすごい

物性

BCS(1957)

Anderson(注:PDF直リンク)

More is different.

Feldmann(1992)

Bloch Oscillationの観測。(PDF直リンク)

統計力学

Toyabe et al.(2010)

例のMaxwell's demonの論文。だいぶ新しいですが。

もっと昔


おまけ

小川 et.al.(1993)

谷本 et.al.(2008)

高倉(2009)

真境名 et.al.(2003)