部門 > ROOT > TGraphErrors


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

散布図とか描けるTGraphの誤差付きヴァージョンは、TGraphErrors。

xとyの組みが10あるとして、それぞれの誤差ex,eyともども配列x[10],y[10],ex[10],ey[10]に格納されているとすると、
TGraph *g = new TGraphErrors(10,x,y,ex,ey);
のようにすると誤差付きのTGraphを作れる。これに対してフィッティングを行うと、自動的に重みをつけてやってくれるっぽい(ちゃんとは確認してない)。

フィッティングのときに、誤差を取得する方法は http://www47.atwiki.jp/cscd/pages/89.html を参照。

(OK)