DNS Amp 攻撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 DNSサーバを増幅器として利用し、データサイズを増加させる手法である。この攻撃では、DNSレスポンスがDNSクエリよりもデータサイズが大きいことを利用する。発信元IPアドレスに攻撃先となるIPアドレスを設定して小さなデータサイズのDNSクエリをDNSサーバに送信すると、DNSサーバは大きなデータサイズのDNSレスポンスを返送することになる。この場合詐称された発信元のネットワークには大きなデータサイズの到着によりトラフィックが増大し、サービス不能に陥ってしまうことになる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。