自衛隊の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自衛隊の歴史

1947年 日本国憲法施行
    50年 朝鮮戦争
      警察予備隊の創設
    51年 旧日米安全保障条約に署名
    52年 海上保安庁に海上自衛隊の全身の海上警備隊発足
             保安隊発足
    54年 防衛庁を設置、陸海空の3自衛隊が発足
    56年 日本、国連に加盟
    57年 防衛政策の基礎となる「国防の基本方針」を決定
    60年 新たな日米安全保障条約を承認、発効
    67年 佐藤栄作首相が武器輸出三原則と非核三原則を国会で答弁
    72年 沖縄返還
    76年 三木武夫首相の国会答弁などで武器輸出が全面禁止に
             初の防衛大網を決定
    78年 日米ガイドラインを策定
    81年 集団的自衛権の行使は憲法上許されないとの見解を政府答弁書で決定
    86年 安全保障会議設置法が施行
    91年 湾岸戦争が始まる
    92年 国連平和維持活動(PKO)協力法が成立
    94年 北朝鮮のミサイル「テポドン」が日本上空を通過
    99年 朝鮮半島有事を念頭に自衛隊が米軍を支援する周辺事態法を制定
2001年 米同時テロ
             テロ対策特措置が成立、補給艦などをインド洋へ派遣し米艦船を支援
    03年 武力攻撃自体対処法など有事関連3法が成立
             ミサイル防衛システムの導入決定
    04年 イラク復興支援特措置法に基づき、現地へ自衛隊を本格派遣
    07年 防衛庁が「省」に昇格
    09年 ソマリア沖アデン湾の海賊対応のため、海自を派遣
    11年 東日本大震災が発生、3自衛隊が共同で対応する統合任務部隊を最大規模の人員で設置
             野田内閣で武器輸出三原則を緩和、国際共同開発などが可能に
    13年 日米2プラス2で、14年末までのガイドライン再改定を確認
             国家安全保障戦略を初めて策定?
             防衛大網、中期防を決定??

2013年11月19日 12版 日本経済新聞 6p より
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。