apt-get


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

apt-getコマンドとは、通常自らがソースファイルを取得し、手動でインストールしなければならなかったが、このコマンドを使うことにより自動的にソースファイルを取得し、自動でインストールされるという便利なコマンドである。

最新のパッケージリストを取得
# apt-get update

指定したパッケージをダウンロードし、インストール
# apt-get install [パッケージ名]

キャッシュを削除 /var/cache/apt/archeves
# apt-get clean
or
# apt-get autoclean //利用していないパッケージのみ削除

ディストリビューションのアップグレード
# apt-get dist-upgrade

開発環境のインストール
# apt-get install script install-devel.lua

パッケージの取得先の設定ファイル
/etc/apt/source.list.d のなかのmain.list nonfree.list plus.listのmirror部分を書き換える

設定ファイル
/etc/apt/apt.conf
proxyを通す設定例
Acquire{
  CDROM::Copy "true";
  Retrys "0";
  HTTP{
     Proxy "HTTP://[proxy IP]:8080";
  }
}

md5sumが適合しないというエラーが出たら
おとなしくrpmで手動でインストールしろ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。