▼座談会形式で参加

“人権侵害救済法”で人権がなくなる日 (宝島社新書)



国会議員リスト


リンク



総アクセス数: -
今日のアクセス数: -
昨日のアクセス数: -

ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

これまでの陳情結果2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No. 実施日 議員名 所属政党 選出選挙区 応対者 法案への姿勢
陳情結果要約 陳情者および同行者数
190
2011/12/16 外山斎 民主党(→生活) 参院宮崎 秘書 検討中
電話やメール等での陳情は多数あるとのことで、秘書さんだけでなく外山議員ご本人も法案についてはご存知のようでした。対応は非常に丁寧でした。
→考えた結果、「賛成でも反対でもない」とのこと。現時点では「賛成」とも「反対」とも明言できないご様子でした。
けろきち
189
2011/12/16 浅尾慶一郎 みんなの党 比例南関東 秘書 回答拒否
法案が国会に提出されるまで何も言えない。提出されるかどうかも判らない。法務省が次期通常国会で重要法案として提出を計画している事に言及しても、「判らない」の一点張り。要するに答えたくないようです。 角田晶生 他3名
188
2011/11/23 神山洋介 民主党 神奈川17区 政策秘書 保留
陳情には丁寧にご対応頂いたものの、我々の認識との間にかなりの齟齬を感じました。ただし、「国民的にも国会内でも議論が足りない」という点については一致。
→賛成とも反対とも言えない段階。今後、党内協議の中で検討していきたい、とのこと。
竜胆 他7名
187
2011/12/28 城島光力 民主党 神奈川10区 秘書 回答不可
秘書は「『城島が動けば民主党が動く(ほどの影響力を持つ)』ため、公の発言は出来ない」旨コメントされたものの、陳情に対して非常に好意的。党本部への働きかけなど、今後のアドバイスを下さいました。 角田晶生 他4名
186
2011/12/28 中塚一宏 民主党 神奈川12区 秘書 回答不可
陳情中にそっぽを向くなど、真剣に聞いていない。とりあえず「副大臣という立場上、『政府の決定に従う』以上は言えないが、議員が日本人として良識を持っていると信頼して頂きたい」との事でした。 角田晶生 他4名
185
2011/12/28 三村和也 民主党 比例南関東 秘書 検討中
とても丁寧な対応。「議員は法務と距離が遠く、賛否は明言できないが、今回の陳情はとても勉強になった。国民の声として、検討して行きたい」との事でした。 角田晶生 他4名
184
2011/11/2 西村智奈美 民主党 新潟1区 事務所所長 回答拒否
本人ブログ記事より実質賛成派。陳情時は議員本人の立場はおろか、対応者も自分の考えや陳情内容に対する質問等も一切しない「黙秘」の構え。その後地元、議員会館合わせて10回以上問い合わせ。「まだ確認していないので確認する→しない」「折り返し電話をする→しない」話の解る者が不在の場合は内部で連絡がうまくいっていないようで何度も初めから説明する羽目に。都合の悪い事はこちらが諦めるまでかわし続けるお考えのようです。 リッキー
183
2011/12/17 津川祥吾 民主党 静岡2区 秘書 極めて慎重
質疑に対してメモを取り、話を聞く真摯な対応。外参権に対しても反対の立場であり、陳情書についても理解を示す。政権政党の立場から、明言は避けたい、との由。
→「津川本人の考え自体、皆さんと非常に近い立場」と仰られるも、「内閣に入っている以上はそちらを優先せざるを得ない」と言われました。極めて慎重、と言えるとものと判断致します。
さとし 他4名
182
2011/12/1 蓮舫 民主党 参院東京 事務員 回答拒否
現在閣僚という立場から、如何なる個別案件にも回答は出来ないとの事。議員会館では事務の方に書類を受け取って頂きましたが、回答は政策秘書の方から頂きました。 風の中の旗
181
2011/12/18 大島敦 民主党 埼玉6区 秘書 回答不可
民主党政調筆頭副会長で議員の意見を取りまとめるという立場上、賛否は回答できない。
しかし、陳情の意見を尊重したいとおっしゃっていただきました。党内でも意見が分かれている法案であるので、意見調整をしたいとのこと。
kinoko 他9名
180
2011/11/17 河野太郎 自民党 神奈川15区 秘書(電話・メール) 反対
事務所への直接陳情に難色を示された為、電話での説明とメールでの陳情書送付をさせて頂きました。
地元秘書の方が陳情に対しての回答を議員に伺ったところ、「(新たな人権救済機関が)積極的に必要だとは思わない」とのことで、"表立ってではないが反対である"と解釈します。
竜胆
179
2011/12/13 石井準一 自民党 参院千葉 秘書 無回答
本法案を推進している自由同和会千葉県本部で顧問をされていますが、陳情に対しての返答は「いろいろな兼ね合いがありますのでノーコメントでお願いします」とのことでした。 リッキー 他2名
178
2011/12/19 菅原一秀 自民党 比例東京 秘書 反対
資料を送るよう依頼されたため、陳情書などを郵送。秘書の方から携帯電話にご連絡いただき、「当初から反対です」と明確なご回答をいただきました。また、「がんばってください」とのことでした。ご多用中にも関わらず、丁寧なご対応ありがとうございます。 dachou
177
2011/9/13 佐藤勉 自民党 比例北関東 秘書 反対
「そもそも議論の方向性自体が、あまりにも極端すぎる上に、内容的にも日本的な思想からかけ離れている。日本人が長い間保ってきた、文化や秩序を崩壊させる危険性があるように思えるため。」とFAXにて回答をいただきました。 きま 他5名
176
2011/12/1 谷博之 民主党 参院栃木 秘書 回答拒否
「法務政務官という立場上、回答拒否」。との秘書からの回答。想定内でしたが、アポ取りの段階から一貫して極めて横柄な対応の事務所。国民の声に耳を傾ける姿勢は皆無でした。 風の中の旗 他4名
175
2011/12/10 筒井信隆 民主党 新潟6区 後援会長 回答待ち
後日、賛否をきかせてもらいます。 nao
174
2011/12/10 風間直樹 民主党 参院比例 秘書 回答待ち
後日、賛否をきかせてもらいます。 nao
173
2011/12/10 三宅雪子 民主党(→生活) 比例北関東 秘書 保留
法案について賛否多くの要望が来ているが、今はTPP対応に追われ、考察を深める時間がない。現時点では保留との事でした。 角田晶生 他1名
172
2011/11/12 神風英男 民主党 埼玉4区 秘書 回答拒否
秘書が、神風議員に陳情書を渡したところ、議員は人権侵害救済法案に対し意見を持っているようだが、防衛大臣政務官という立場上回答はできない、との事でした。 ピックピック 他3名
171
2011/11/3 泉健太 民主党 京都3区 秘書 保留
陳情書は直接議員に渡し、口頭で説明。党内でも賛否両論ある。他団体からも意見がいろいろある。
検討を行っていく。行き過ぎた内容はよくない。陳情の内容も理解できる。
賛成反対とも法案の内容が決まって無い状況では言えず保留。
hachi 他3名
170
2011/11/2 菊田真紀子 民主党 新潟4区 秘書及び議員の父 回答拒否
政務三役という立場だったこともあり、党内の意見集約をする立場であるから回答できない。 ピックピック 他2名
169
2011/12/4 塚田一郎 自民党 参院新潟 秘書 反対
今年一杯を目処に、塚田先生の返答を聞かせてもらう予定です。→秘書さんから議員本人に先日の陳情書を渡してもらい、『基本的には反対』との返答をもらってもらいました。 nao 他3名
168
2011/12/4 森裕子 民主党(→生活) 参院新潟 秘書 保留
政務三役(文部科学副大臣)という役職上、個別の案件に対する賛否は表明できないとの事でしたが、陳情書は拝受していただけました。 nao 他3名
167
2011/12/3 江田五月 民主党 参院岡山 事務局長 回答拒否
応対してくださった方は法案の中身について詳しく知らないそうで、一通り説明の後、必ず江田議員に法案を撤回してもらうよう強く求めました。
→「これ以上待っても本人からの回答は出ないと思う」とのことで、先方と協議の上での結果とします。陳情に応じてくれただけでも、江田さんには感謝しておきます。
ふーまん 他7名
166
2011/12/3 中原八一 自民党 参院新潟 秘書 保留
今年一杯を目処に、中原先生の返答を聞かせてもらう予定です。
→法案がまだ提出されていない段階であるので、具体的な回答は出来かねますが、この法案は人権とは名ばかりで、言論統制の恐れもはらむ危険性があると考えます。というお返事を、秘書さんから頂きました。
nao 他1名
165
2011/11/2 田中直紀 民主党 参院新潟 事務所所長/秘書? 無回答
地元事務所を訪ねるも内容が難しくて解らないと言われ陳情させていただけませんでした。後日陳情書を議員会館に転送して頂き、お答えは「6月に中間報告が出て以来PTが全く動いておらず今国会での提出は無いのでこの件に関してお伝えすることはない」とのことでした。 リッキー
164
2011/11/26 阿部俊子 自民党 比例中国 秘書 保留
秘書の方から電話があり「連絡がたいへん遅くなり、また電話が行き違いばかりで申し訳なかったです」と恐縮されていましたが、肝心の回答は『保留』です。話しを要約すると「法案の内容はよく理解している」「党の方針に従う」とのことです。また「今国会には法案が提出されないだろう」との見通しだそうですが、「今後も動きは十分監視していく」そうです。 ふーまん
163
2011/10/28 東祥三 民主党(→生活) 東京15区 本人 保留
「現在、法務省が方針に基づいた具体案の作成中で、一つ一つチェックして内容を詰めている段階だから、その内容を見て判断したい。始めから駄目と言えない。具体案が出ておかしいと思う事があればまた来てください」とのこと。 やまとねこ 他3名
162
2011/11/22 斉木武志 民主党 比例東海 秘書 反対
皆さんの意見に賛同します、との力強い回答を戴きました。 さとし 他1名
161
2011/11/21 鳩山邦夫 無所属 福岡6区 秘書 回答拒否
秘書曰く「もう法務大臣じゃないから知らない」との事。秘書が知らないくらいだから、議員も興味ないのかも知れません。
→ブログで悪く書かれた事にご立腹、秘書から電話で「怒り狂って『アンタらとは話もしたくない』って言ってたと書いとけ!」との事。
角田晶生
160
2011/11/21 田中慶秋 民主党 神奈川5区 秘書 無回答
議員本人は来客中。陳情書の受け渡しのみ。
→その後、何度連絡しても回答なく、挙げ句「陳情書が判らない(なくした?)ので、FAXで送って欲しい」との事。送信するも、結局回答はありませんでした。
角田晶生
159
2011/11/21 瑞慶覧長敏 民主党(→無所属) 沖縄4区 秘書 保留
非常に丁寧な対応だが、「法務には詳しくない上、党内で強く言えない(≒逆らえない)立場をお察し下さい」との事でした。
→「法案が提出されていない状態では何とも言えないよなぁ」との事。また「提出されてもねじれ状態なので、通らないと思う」との認識でした。
角田晶生
158
2011/11/21 高木美智代 公明党 比例東京 秘書 無回答
「来客中なので」と急かされ、陳情書の受け渡しのみ。
→後日、何度電話しても「担当者から折り返させる」とばかりで連絡なし。ようやく担当者から連絡が来るも「党の法務部会に諮らないと何も言えない」との事でした。
角田晶生
157
2011/11/21 高木陽介 公明党 比例東京 秘書 回答不可
「山口代表が回答不可であれば、ウチもそうさせて下さい」との事。公明党議員に「自分で考える」という選択肢はないようです。 角田晶生
156
2011/11/18 渡辺義彦 民主(→きづな→生活) 比例近畿 政策秘書 反対
必要のない法律であり、国会に提出させてはならない(提出前に潰さなければならない)法律と明言。
他の議員への陳情も頑張ってほしいとエールをいただきました。
せんだいねこ 他2名
155
2011/11/19 加藤勝信 自民党 岡山5区 秘書 保留
秘書の方は陳情の趣旨や内容に賛同してくださいましたが、議員へ説明するに際して「my日本がどういった団体であるのかをまとめた書面が欲しい」とのことです。後日、書面を持って再訪問します。 ふーまん 他1名
154
2011/11/18 山口那津男 公明党 参院東京 秘書 回答不可
意見は多く寄せられるが、実体のない法案について明言できない。
あくまでも「ノーコメントではない」旨を強調。
角田晶生 他3名
153
2011/11/18 ツルネンマルテイ 民主党 参院比例 秘書 検討中
陳情書の受け渡しのみ。
→「法案が国会に出て、審議にかけられるのを待つ」との事。国会提出≒通過という現状を鑑みて、実質的な賛成(時間稼ぎ、はぐらかし)と判断します。
角田晶生 他3名
152
2011/11/18 舛添要一 新党改革 参院比例 秘書 回答拒否
陳情書の受け渡しのみ。「ハイハイ、ハイハイ」と急き立てられ、早々に終了。
→「ノーコメントで」よいとの事でした。
角田晶生 他3名
151
2011/11/18 大石尚子 民主党 参院比例 秘書 検討中
「ただいま検討中でございまして、何とも言えません」との事でした。
(2011年1月4日逝去)ご冥福をお祈り致します。
角田晶生 他3名
150
2011/11/18 長谷川大紋 無所属 参院茨城 秘書 回答拒否
2度のアポイントすっぽかし(9月22日、10月13日)に続き、3度目は「居留守」が判明。結局「ウチは何も答えない事にしている」とのコメントでした。 角田晶生 他3名
149
2011/11/18 照屋寛徳 社民党 沖縄2区 秘書 賛成
陳情書の受け渡しと簡単な説明のみ。人権問題には力を入れたいとの事。→党の見解として「人権擁護のために必要。むしろ人権委員への罰則権限付与など、より強化すべき」旨、ご回答頂きました。 角田晶生 他2名
148
2011/11/18 下地幹郎 国民新党 沖縄1区 秘書 保留
陳情書の受け渡しと説明のみ。本人が事務所の奥にいたので、挨拶したが返事なし。
→「現在は郵政関係で動いていて、確認がとれない」との事でした。
角田晶生 他2名
147
2011/11/18 赤嶺政賢 共産党 比例九州 秘書 回答拒否
陳情書を手渡しただけ。非常に無愛想な態度。
→「回答する義務ないでしょ(ガチャ」との事。一貫して国民の声を聞く姿勢は皆無でした。
角田晶生 他2名
146
2011/11/18 玉城デニー 民主党(→生活) 沖縄3区 秘書 検討中
陳情書を手渡し、一部のみ趣旨説明。→「慎重に検討したい」との事でした。 角田晶生 他2名
145
2011/10/26 早川久美子 民主党 比例東京 秘書 保留
内容を説明し陳情書を渡したが現時点では法案についてあまりご存じない様子。党の方針だからということで従うことはないとのこと。納得の行く答えが出せない以上保留ということになるが「保留」という回答にはあまり納得されておらず、あくまで答えを出したいようです。 リッキー 他2名
144
2011/11/14 村田吉隆 自民党 比例中国 秘書 保留
秘書の方から「遅くなって申し訳ございません」と恐縮しながら電話があり、「議員本人は法案については知っている」とのことです。自民党議員ですので、最終的には党の方針に従う由。詳細は書けませんが『保留』とさせてください。 ふーまん 他1名
143
2011/11/12 伊吹文明 自民党 比例近畿 秘書 反対
法案がまだ提出されて無いという状況では具体的な回答は出来ないが、基本的には反対。外国人参政権も反対。署名というものはしていない。 hachi 他5名
142
2011/11/12 山井和則 民主党 京都6区 事務所長 回答拒否
国対副委員長という立場から回答は控える。陳情書は議員には渡す。この法案が成立したら賛同団体同士が対立する可能性もある。作って欲しいという陳情はあった。反対の陳情は初めて。 hachi 他5名
141
2011/11/14 櫛渕万里 民主党 東京23区 秘書 保留
「皆さんの懸念(陳情、メール等)を真摯に受け止め、関心は持っているが、しっかり勉強する時間がない。考えがまとまったら、改めて連絡する」との事。丁寧な対応に感謝します。 角田晶生 他6名
140
2011/11/12 逢沢一郎 自民党 岡山1区 秘書 反対
是非この法案を廃案にしてもらいたいと訴えました。
→岡山縣護国神社の神事に来られた議員に直接ご挨拶し、まだ陳情の回答をもらっていない旨を申し上げました。
「こんな法案が通ったらたいへんだ」とおっしゃり「『反対』で処理しておいてください」とのことでした。2回も強く握手してくださいました。
ふーまん 他4名
139
2011/11/12 花咲宏基 民主党 比例中国 秘書 保留
現時点では『保留』でお願いしたいとのことです。法案の中身をもっと勉強したいのと、党内でもかなり賛否が割れている由。たちまちに提出という事はないだろうとの見解です。民主党内では貴重な保守的思想の方ですので、全力で阻止してくださいとお願いしておきました。 ふーまん 他3名
138
2011/11/12 柚木道義 民主党 岡山4区 秘書 保留
こちらの話を真剣に聞いてくれましたので、議員からの明快な回答にも期待したいところです。
→法案の内容について詳しく検討したい由。秘書の方と協議の結果『保留』ということでお願いします。民主党内でも開催されるであろう勉強会への参加を促しておきました。
ふーまん 他3名
137
2011/11/12 片山虎之助 たちあがれ日本 参院比例 秘書 反対
党の方針、議員のお考えからして陳情の必要性は薄いかもしれません。
→陳情の必要性をあまり感じられない議員のお一人でもあったわけですが、当然の結果となっています。断固反対、絶対阻止、これはぶれる事なく貫き通してくださるでしょう。
ふーまん 他2名
136
2011/11/11 丸川珠代 自民党 参院東京 本人 反対
下村博文議員の国政報告会で偶然御会いし口頭で陳情。ご本人から「当然反対です」と力強く御答え頂きました。後日あらためて陳情書をお持ちしました。 風の中の旗 他1名
135
2011/11/11 井上信治 自民党 東京25区 秘書 反対
党の方針どおり反対だが、正式回答は後日いただく事になりました。→
「党の方針どおりに動いていく」との事。もちろん有難いのですが、日本国民の代表として、もう少し主体性が欲しいと思います。
角田晶生 他3名
134
2011/11/11 竹田光明 民主党 比例東京 秘書 無回答
法案については知っているが、専門外(専門は福祉分野)なので詳しくはないとの事でした。後日回答を頂きます。
→「陳情書は渡したが法案に対する言及はなく、今後回答できるかどうか判らない」との事で、無回答として扱います。
角田晶生 他3名
133
2011/10/1 松岡広隆 民主党 比例近畿 秘書 回答拒否
応対姿勢は丁寧でした。期限を指定して更に期限を延期して、結局、無しのつぶてなので、回答拒否ということでいいと思います。 Kyow 他5名
132
2011/11/10 姫井由美子 民主党(→生活) 参院岡山 秘書 回答拒否
法案に関してはご存知との事で、「必ず議員本人へ渡して回答します」とのことです。
→何度も連絡するも誠意ある対応は一切ありませんでした。秘書本人が事務所にいても電話口にさえ出ず、その後も何度も電話して責任者らしき男性が「必ず電話させます」と言っても梨の礫。挙げ句に「○○さんから電話してないか?」と無責任な発言を事務員を通じて伝言させる始末…。本日中(1月11日)に電話するようにと求めましたが、私の携帯電話が鳴る事はありませんでした。回答などする気がないものと判断し、このような結果としました。
ふーまん 他1名
131
2011/11/3 鷲尾英一郎 民主党 新潟2区 本人 反対
法案の問題点はこちらと同じ認識。しかし党内事情から反対を声高に叫ぶよりも勉強会を開くことで問題点を周知させる。大っぴらなパフォーマンスをしたところで法案成立阻止という結果が伴わなければ意味が無いので、まずは勉強会を開き、反対する議員を増やしたい。 ピックピック 他5名
130
2011/11/5 平岡秀夫 民主党 山口2区 秘書 回答待ち
秘書の立場上、法案の中身について意見はできませんが、慎重に進める必要がある法案だということは理解しました。陳情書を議員に提出し、後日、回答いたしますとのことでした。 kasa 他2名
129
2011/10/22 向山好一 民主党 兵庫2区 秘書 保留
陳情を受け、危険性は十分に認識出来ました。法案が固まったら党内で議論したい。とのことです。 Sylvie 他5名
128
2011/11/3 長島忠美 自民党 比例北陸信越 秘書 反対
法案の危険性を充分理解された様子。11月末を目途に回答をいただく予定。
→後日、電話で「お返事遅れてすみません」と丁寧な対応。危険性を知った上での「反対」とご明言いただきました。
角田晶生 他6名
127
2011/11/3 橋本博明 民主党 広島3区 本人 回答待ち
不勉強でしたので、陳情書を受けて法案を見直した後、回答させていただきますとのこと。 kasa 他2名
126
2011/11/2 田中眞紀子 民主党 新潟5区 事務員 無回答
法案の危険性について、受けた説明をそのまま議員に伝え(た上で回答す)るとの事でした。
→何度連絡しても「まだ回答できない」と一ヶ月が経過したので、「無回答」とさせて頂く旨を伝えました。
角田晶生 他2名
125
2011/11/2 近藤三津枝 自民党 比例大阪 秘書 保留
来年の通常国会で提出されるので中身がわからない。従って、明確なスタンスは示せないとの事でした。 真琴
124
2011/10/3 吉田治 民主党 大阪4区 秘書 回答拒否
委員長という立場柄お答えできないとのこと。経済産業委員長なので人権侵害救済法案には関係ないと思いますが、と問い直すも「委員長」という立場柄回答出来ないとの一点張りでした。 真琴 他3名
123
2011/9/24 石井登志郎 民主党 兵庫7区 秘書 保留
陳情対応下さった秘書さんから電話がありました。
『正式に法案が提出されていないこともあり、ただいま検討中です』との御回答でした。
Kyow 他4名
122
2011/10/30 平沼赳夫 (2回目) たちあがれ日本 岡山3区 秘書 反対
陳情書を手渡すと、その場で「反対」。地元ということで表敬訪問です。 ふーまん 他1名
121
2011/10/30 津村啓介 民主党 岡山2区 秘書 保留
個人的には色々ありますが、終始穏やかに陳情を行いました。
→「法案について詳しくわからない段階で、賛成も反対も言えない」との事ですので、秘書との協議で『保留』とします。柚木議員と同様に、勉強会への積極的な参加を促しておきました。
ふーまん 他1名
120
2011/10/29 高井崇志 民主党 比例中国 秘書 回答拒否
東京の高井議員に陳情書を送るそうです。
→「党の方針もあるので回答は差し控えたい」とのこと。ただし、高井議員としては法案に高い関心を持っている由。
ふーまん
119
2011/10/29 溝手顕正 自民党 参院広島 秘書 回答待ち
秘書の方は詳しい内容を知らなかったが、良くない法案ですねとの見解。
議員に陳情書を見てもらい、回答させていただきますとのことでした。
kasa 他3名
118
2011/10/23 麻生太郎 自民党 福岡8区 秘書 保留
基本的には、慎重に論議すべきだというスタンス。事前にFAXで受けた陳情書を、既に東京事務所に転送済み。陳情を受け、もう一度陳情書を東京事務所に送りますが、直接議員会館にも行かれてみてはどうでしょうか?とのこと。
→地元秘書さんへは回答がこないとのことで、議員会館政策秘書を紹介してもらい回答をお願いしましたが、民主党案について聞かれてもわからないの一点張りでした。
kasa 他6名
117
2011/10/27 中山義活 民主党 東京2区 秘書 陳情拒否
10月6日に電話連絡→「検討したいので資料を送付してほしい」→7日に資料を郵送→その後2回電話をかけるが「陳情の可否についてはまだ回答できない」とのこと→27日に電話したところ「お断りしたことになっている」と言われる→「では陳情拒否と発表させていただいてよろしいですか」→「陳情を辞退と……」とのこと。 dachou
116
2011/10/16 江端貴子 民主党 東京10区 秘書 回答不可
賛否は言えない。政調会での議論をみて取り組み方を決める。 dachou 他13名
115
2011/10/25 長島昭久 民主党 東京21区 秘書 反対
自公政権時代(人権擁護法案)から一貫して反対を公言。根拠となっているパリ原則に対しても、反対の方向で動いていく、との事。 角田晶生 他2名
114
2011/10/23 平井卓也 自民党 比例四国 秘書 反対
元々反対ですので、そのまま反対と公表して頂いて問題ないとの確認を議員ご本人に秘書さんがして下さり、その旨ご連絡を頂きました。 Sylvie 他6名
113
2011/10/24 菅直人 民主党 東京18区 秘書 無回答
忙しくて回答できるかどうかわからない、との事。一ヶ月を目処に回答もらえなければ「回答不可」に。
→何度連絡してもつながらず。そのまま1ヶ月が経過したので「無回答」とします(先方にもその旨伝えてあります)。
角田晶生 他1名
112
2011/10/24 山花郁夫 民主党 東京22区 秘書 回答不可
「中身を見ないで回答しようがない」との事。国際合意(パリ原則)ありき、人権侵害救済機関の設置を推進。実質的賛成。 角田晶生 他1名
111
2011/9/18 石森久嗣 民主党 栃木1区 秘書 保留
今の段階では回答することができない。さらなる議論の余地があるとの回答をいただきました。 きま 他4名
110
2011/10/16 小林興起 民主党→(減税日本) 比例東京 秘書 回答拒否
新たに法務委員長に就任した為、立場上態度を示すことはできない。
しかし民主党内に反対派の議連ができるようなので働きかけていこうと思う。
リッキー 他9名
109
2011/10/15 岸田文雄 自民党 広島1区 秘書 保留
主旨は伺いましたので、議員に見てもらいますので、少々お時間くださいとのことでした。
→法案の中身が出てこないと判断できない。ただし、民主党と共同歩調(協力)はしないとのこと。
kasa
108
2011/10/15 中川秀直 自民党 比例中国 秘書 保留
秘書の方は、この法案について法案名は知っている程度で、陳情は初めてとのこと。
陳情内容お伺いしましたので、議員の方に提出し、後日連絡いたしますとのことでした。
→陳情書は見せたが、賛成とも反対とも言及はなかったとのこと。
kasa 他1名
107
2011/10/17 樽床伸二 民主党 大阪12区 秘書 保留
議員に確認の上で後日回答をいただく旨お願いしていますが、党幹事長代行という立場を理由に、明確な賛否の表明は無いものと予想されます。時間は約1時間いただき、その他の件についても参加者の様々な意見を聞いて頂きました。
→民主党幹事長代行として党内をまとめる事に注力しているため、個別の政策についての意見表明は控えているとの事です。
彦十郎 他3名
106
2011/10/17 平野博文 民主党 大阪11区 秘書 保留
「法案の中身が固まっていないので賛否は言えない。指摘されている問題点を踏まえた慎重な論議が必要」との事で「保留」と判定しました。時間は約1時間いただき、その他の件についても参加者の様々な意見を聞いて頂きました。 彦十郎 他3名
105
2011/10/16 小池百合子 自民党 比例東京 秘書・事務員 反対
陳情をするまでもなくアポ取りの段階で既に「大反対」を表明(秘書)。事務所への訪問を恐縮されましたが、お伺いさせて頂き陳情書を事務員の方(個人的にも大反対とのこと)にお渡ししました。 リッキー 他5名
104
2011/10/15 谷川秀善 自民党 参院大阪 秘書 反対
「言われずとも反対に決まってる」との御態度で、陳情書の内容説明はさせて頂けませんでした。「本人は反対」とサイト記載する承認は頂きました。法案とは直接関係ない議論に終始しましたが、時間は1時間いただきました。 彦十郎 他4名
103
2011/10/15 村上史好 民主党(→生活) 大阪6区 政策秘書 回答拒否
問題点をよく理解しておられ、秘書氏個人は反対の御見解のようです。「議員も反対だと思う」とのことですが、後日議員本人の御見解を問い合わせます。1時間以上いただき、他の問題についても様々聞いていただきました。
→「いずれこの問題が議論の俎上に上った時には意見表明の機会もあるかと思うが、現在のところは民主党内の様々な事情を考慮し、回答を差し控えたい」とのことで、「回答拒否」と明記して構わないとのことでした。
彦十郎 他4名
102
2011/9/27 五十嵐文彦 民主党 埼玉9区 秘書 保留
9/27に陳情。スタッフがご連絡したところ陳情書を再度お持ち頂きたいとの由。12/1に二度目の陳情となりました。まだ未提出の法案。現段階では法案が出てから検討するとしか回答できない。とのことでした。 中川祐樹 他5名
101
2011/9/29 小野塚勝俊 民主党 埼玉8区 本人 賛成
タウンミーティング後に陳情書を手渡しました。陳情書にある法案の問題点については、かなり解決済み、小さく生んで後に大きくするのを難しくなるような対策を検討中、また、なんらかの独立した人権救済組織が無いと世界から人権後進国だと思われ他の国の人権問題に取り組むときに不利との考え。様々な問題点(3条委員会以外)を解消した上であれば賛成とのこと。 中川祐樹
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|