犯人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ヒロインが犯人案

 同級生
 実は犯人の娘。苛めてたけどある日ひょんな事からその事実に気づいて
 主人公に罪悪感を感じるようになる

無理があるから却下?

主人公の恩人案

 主人公が外から帰ってきたら猟奇殺人現場
 殺害現場にまだいた犯人に「顔を忘れろ」と言われて恐怖心から、
 他者の顔を認知できなく(顔が クレヨン絵に)なった
 犯人は主人公を保護し、育ててくれた人(事件の担当刑事とか)
 犯人は主人公を保護している
 事件に関わるものは主人公から避けている
 普段は寒いジョークをとばしている
 事件に関係することを主人公が言うと豹変する

犯人ヒロイン外の女キャラ案

 犯人は姉御肌のヤンデレ
 記憶を失った主人公の面倒をみる
 変に記憶取り戻すと監禁

犯人は一樹の顔見知り……?案

 全員の顔がはっきりした後に、
 今までクレヨンだった顔と比べてみたとき一人足りなくてプレイヤーが
 「あれ?・・・じゃああの顔はだれのなんだ?」

犯人病院の先生案

 ヒロインが原因で怪我
 ↓ 
 病院に担ぎ込まれるが命に別状はない
 ↓
 病院で偶然事件の犯人一味と遭遇
 記憶が戻りつつある主人公を知りなんか薬物とかで記憶障害を起こさせる
 ↓
 退院、復学後記憶が無くなってしまっている主人公を知り
 ヒロイン自分のせいと悩む、一樹も記憶が無いので擁護出来ない
 ↓
 今通っているクリニックの主治医は実は犯人一味
 処方されている薬は記憶障害を持続させるためのもの

 転校生の親は医者で、最近この街の病院に転属してきた。それは主人公の新しい主治医で、
 主人公が思い出せないように(本当は何も知らないのだが)薬で記憶障害を誘発させ続ける。
 主人公は名前を変えていて(現実でも被害者が名前を変えることは多々ある)
 犯人は最初気づかなかったが、一樹と保護者の名字の不一致で気づいてしまう。
 犯人は捕まっていないことと、
 転校生の登場から物語が動き始めるのを考慮して不自然さがないように考えてみた。

犯人は主人公と同じ症状を持っている人物案

 犯人も主人公と同じ症状  
 ただし主人公と違い救いがまったくないかなり悲惨な人

犯人は身内?案

 犯人は地元に住む主人公の叔母 職業は精神科医
 三十路だが魔女の様に若さを保っている。
 性格は計算高い悪女タイプ。いつもは隠す。
 主人公の両親とはいつも言い争っていて仲が悪かったが、
 息子の主人公には優しく接し信頼を勝ち取っていた。
 自身の若作りに凄い執着があり、
 雑誌に載っていた美容法(デマ)の「人間の血を飲む」(適当)
 を主人公の親で実行してしまう。(理由は自分の体に傷を付けたく無かったとか)
 殺害後も何食わぬ顔で出て行き、その後記憶喪失となった主人公を養う。
 (理由は主人公のなんらかの才能を買っていたとか)
 しかし主人公が記憶を取り戻してきたため、薬で再び記憶障害にさせる。
 その後も永遠と主人公を利用する予定だったが…
 記憶障害引き起こす薬は フェンサイクリジンってのがあった。
 (総合失調症を引き起こす→記憶障害)

番外>>1の悪ふざけ編

 【カラーパステル編】
 カラーパステルを駆使して4人で犯人を追いつめる
 しかし、真犯人は4人の中にいた
 3人が気づいた時には時素手にお寿司、
 真犯人はバックにいる巨大な組織の存在を明かして夜の闇へ消えていく・・・
 続編【カオス★クレパス】へ物語は続いていく(20111年ダウンロード開始予定)
 俺達の戦いはこれからだ!!

犯人とヒロインのかかわり

 幼馴染
  事件が起きる日幼馴染の両親がいないので主人公の家に遊びに行く。
  夜になり家のチャイムが鳴り両親と勘違いした幼馴染が家の鍵を開けてしまう。犯人たってる。
  そして、主人公の家族は殺され、運よく生き延びるが罪悪感が生まれる。

 同級生
  事件がおこる前に犯人に主人公の家のことを話していた(例主人公は母子家庭)
  ことにより、主人公に罪悪感を感じるようになる

犯人はキチガイ案

顔見知りというのを見直すのもアリと言う事で…

犯人は人の顔がぽっかり空いた暗い穴に見える
犯人に救いの手を差し伸べる者は居なかった
救われないならせめて一人でも仲間が欲しいと思い、家を襲い殺人を繰り返していた
一樹の家はそのうちの一つ
ある日犯人に小さな子の会話が耳に入る
「いつき君、人の顔が暗い穴のようにしか見えなくなったんだって」
犯人は酷く喜んだ、ついに俺の仲間が出来た、と
コンタクトを取ることは無かった、仲間が出来たという事実
それだけで十分だった
それから何年か経ったある日、女子高生の会話が耳に入った
「一樹君、最近調子いいみたい。私達の顔見えるようになってきたって」
犯人は酷く恐れた、これでは仲間が居なくなってしまう
犯人は一樹とコンタクトを取り再度記憶障害に陥らせる

犯人は宗教的犯罪者案

日本アルビノ協会(NAK)かジャパン・アルビノ・ソサイエティ(JAS)www

犯人はアルビノを神格化した宗教で金稼ぎor一樹を御神体に
アルビノのである一樹が欲しくて、「(家族の)魂の救済のため」にメッタメタに殺害。
「現世の姿は穢れているものであり、原形を留めないほうが、あの世でより浄化される」 などのトンデモ教義。

日本では宗教法人化していなくても堂々と宗教活動できますので、
少人数で活動している謎の宗教団体(日本アルビノ協会 雨弓支部・仮)に殺された。
(もっとも、こんな教義だと文化庁の認証は下りないですが…ww)

NAKに法人格があるとすれば、休眠状態の宗教法人を買い取った、もしくは
教義内容を偽って認証を受けた、などが考えられます。
表向きはまっとうに活動し、裏で暗躍している、でも良いかもしれません。

それを踏まえて、現在の設定・シナリオに絡めるとなると…

  • 桃香の母親が熱心な信者で、「集会」に参加したまま何年も家に帰らない
  • 彩葉も入信したことになっているが、本人は全く興味がない(名前くらいは聞いたことがあるレベル)
  • 葵の家系はNAKと極端な対立関係(早い段階からカルト教団とみなし、激しく糾弾)にあり、
    不穏な動きを察知した水樹家が一樹を救うべく学園に投入したのが葵