※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


神殿戦とは?

神殿戦 とは、 中立区 と呼ばれる1地域につき1箇所ある 神殿 を奪い合う戦争です。
この神殿を獲得したギルドが、神殿のある中立区での 陣営建設の権利 を得る事ができます。
(ギルドメンバーに陣営の建設許可を出せる)

また、自国の所有となった神殿は「 戦役 」アイコンからワープゲートとして利用できます。
戦役 の使い方については後述します。

自ギルドの神殿 が欲しければ 宣戦 が必要となりますが、
宣戦を行わなくても、同国内の別ギルドが宣戦した神殿へ参戦する事は可能です。



ギルド会長向け宣戦ガイド

宣戦条件

ギルドが神殿へ宣戦するには、いくつかの条件を満たしている必要があります。
  • ギルドの会員数が30名を超えている
  • ギルドの名声合計が150000を超えている

宣戦のルール

宣戦布告(以下、宣戦)には、いくつかのルールがあります。

回数と時間の制限
  • 宣戦できるのは、 0時~24時までの間に1ギルド1回 まで
  • 土曜 に神殿戦は行えない。
  • 宣戦した神殿に攻撃できるのは、 宣戦から2時間以降
    神殿戦が始まる23時の2時間前である 21時まで に宣戦する必要があります)
    宣戦が遅れた場合、開戦時間もその分遅れる。
    例えば、21時30分宣戦であれば、神殿戦の時間は 23時30分~24時 となる。

先制と場所の制限
  • その日すでに宣戦されている神殿は宣戦できない
    同盟国間で0時ジャストに宣戦しあって攻撃しない防衛方法もあります
  • 宣戦 は、中立区を含む 自国領に接した神殿にのみ 行える。

宣戦のリセット
  • 0時以前の宣戦は、0時になった時点で リセットされる
    (攻撃中である神殿内の戦闘は継続される)
  • 宣戦は、メンテ時にリセットされる。
    宣戦回数もリセットされるので、メンテ前に宣戦していても再宣戦できる。

宣戦の方法

  • ギルドの会長が、他国神殿を開き「宣戦」を土曜以外の21時までに押す。


個人向け参加ガイド

参加条件は?

ギルドに参加している、参加していないに関わらず 手続き等は必要ありません
宣戦したギルドと同じ国であれば 神殿内の戦闘にも 所属ギルドを問わず参加できます

ただし、最初に神殿へ入る人は宣戦したギルドのメンバーでなければなりません。


神殿戦の開始時間は?

23~24時の間で戦われます。
ただし、24時以降も神殿内での戦闘時間が残っている場合
  • 防衛側 は、 時間制限に関係なく援軍を追加できます
  • 攻撃側 は、 24時以降に追加の部隊を神殿に入れることができません
  • 毎週 土曜日 は、神殿戦が無い。


神殿への移動

神殿戦に参加するには、通常の方法では移動範囲外の神殿まで移動しなければなりません。
手段としては
  • 戦役 を利用する
  • 課金移動で神殿まで一気に飛ぶ
の2つがありますが、ここでは 戦役 について解説します。
目的地の近くに味方の神殿が無い場合は、直接歩いて移動する必要があります

なお、目的地の 神殿がどこにあるかわからない人中立区地図 を参照。

戦役移動

戦役 とは、 味方の神殿までワープする 機能です。
実行すると 移動先の味方神殿周辺のマップに移動させた部隊が出現します
自国保有の神殿が無い場合、利用できません。

具体的な移動方法は 戦役移動について を参照。

集合時間

移動しておく時間の目安ですが、
  • 作戦開始時間が知らされている人は、 作戦開始時間10分前までに
  • フリーで参加する人は、 23時までに
目的地となる 神殿近くの巣穴集結 しておくことを推奨します。

初動に乗り遅れる実質1人で敵軍を相手することになる 恐れがあります。


戦闘ガイド

神殿戦の戦闘

神殿戦は大きく分けて
集結地点である 巣穴 から目的地である 神殿 に突入するまでの 神殿外戦闘 と、
神殿に突入した部隊による 神殿内戦闘
の2つがあります。

神殿に突入させる場合は 神殿をクリック して 攻撃 から 集結 を開き、突入する英雄を選択します。

勝利条件

攻撃側
  • 神殿内に守兵として配置されている全部隊の全滅 (15部隊以上の場合あり)
防衛側
  • 神殿内に集結している攻撃側部隊の全滅 (最大15部隊)
  • 戦闘タイマーの時間切れ

作戦目標

基本的な作戦目標としては、
攻撃側
  • 主力である本隊を神殿に突入させる
  • 味方の本隊が突入できるよう神殿周辺に居る 敵の妨害部隊を足止め する
  • 本隊 突入後 は、神殿に援軍が入らないように 外部で敵を撃破 、または 足止めする
防衛側
  • 敵本隊の突入を防ぐ
  • 防衛主力で神殿内戦闘を行う


神殿外での戦闘

世界マップ上の対人戦と基本的同じ。
英雄単騎、戦力に不安のある部隊、派遣部隊数が少ない者が担当する事が多い。

マップ上の敵に戦闘をしかける方法については、対人戦ガイド を参照。

基本戦術

  • CT
味方の本隊に 弱い英雄単騎などで攻撃 して、 わざと負ける
これにより本隊は、戦闘終了後の 5分間 敵から攻撃されない ので、この間に突入する。
CT担当は、 装備なし士気1 、可能であれば Lv1HPが減った状態 の英雄が望ましい。
戦闘に負けた英雄をCT担当として再利用しても良い
  • 足止め
英雄単騎などで敵部隊に勝てない場合は、手動戦闘でマップ内をひたすら逃げ回る。
通称 鬼ごっこ


神殿内部での戦闘

本隊となる比較的強い部隊が突入して行う。
最初に部隊が突入成功してから10分後に戦闘が開始される。
これを (カウンターを)「 回す 」等と言う。

基本戦術

  • 英雄残し
神殿戦では突入した15部隊のうち3部隊で戦闘が始まる。
よって、最初の3部隊の 兵だけ倒し英雄だけ残して逃げ回る ことによって、
敵は最初の3部隊しか戦闘に投入できず、時間切れで防衛の勝ちとなる。
  • 壁撃ち・固定砲台
壁となるユニットを狭い部分の入り口において、 バリスタチャリオット などで攻撃する。
参考動画
http://www.youtube.com/watch?v=suColuE33dU&feature=related

  • 湧き待ち
敵の1部隊を全滅させた場合、次の部隊の 出現ポイントは決まっている ので、
鬼ごっこ となる前に 出現ポイントで包囲して倒す
  • 要塞
主にエジプトの チャリオット が用いる戦術。
マップの一角 (左上の隅である事が多い) に全部隊を固め、火力で敵を圧倒する。

コメント

コメント: