ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

本棚 > 岩堀修明『図解・感覚器の進化』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岩堀修明『図解・感覚器の進化』講談社ブルーバックス、2011年 は、非常にお勧めです。私たちの自分の眼や耳が、どのような進化的プロセスを経て、この形になったのかを、詳細な図とともに丁寧に解説してあります。高1の1学期に発生学を、2学期に解剖学・生理学を学びましたが、現在、発生学と進化論を、解剖学・生理学的な視座において組み合わせた「進化発生学evolutionary developmental biology:エボデボ」という分野が興隆しつつあります(2000年春に、愛知県の岡崎コンファレンスセンターで国際会議が開かれています)。エボデボの世界観に接するのにも、本書は多くの示唆を与えてくれるでしょう。

目次

第1章 感覚器とは何か

どんな感覚を感知するかは「どんな刺激があるか」ではなく「どんな感覚器があるか」によって決まる。

第2章 視覚器

「眼」は無脊椎動物では皮膚からつくられる。脊椎動物では脳からつくられる。

第3章 味覚器

この世界を最初に感じた最も原始的な感覚器は「舌」の先祖だった。

第4章 嗅覚器

動物が水から陸に上がるとき、呼吸器と嗅覚器は1つになり「鼻」となった。

第5章 平衡・聴覚器

「耳」とは重力を感じる平衡覚器の中に、あとから聴覚器が入り込んだものである。

第6章 体性感覚器

「皮膚」は多様な感覚を受容する最大の感覚器である。「筋」「腱」「関節」も意識にのぼらない感覚を受容する。

第7章 クジラの感覚器

進化は「後戻り」できない。水から陸に上がり、再び水に戻ったクジラの感覚器は、特異な発達をとげた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|