ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

発生生物学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発生生物学講義ノート@農工大
http://www.tuat.ac.jp/~flylab/Development/Development2.htm


教科書 「新しい発生生物学」 木下圭・浅島誠 講談社ブルーバックス
       「分子発生生物学」   浅島誠・駒崎伸二 共著 裳華房
参考書 「ホメオボックス・ストーリー 形づくりの遺伝子と発生・進化」
                       ワルター・J・ゲーリング 浅島誠監修 東大出版会
   「ウィルト 発生生物学」赤坂甲治他訳 東京化学同人
   「発生生物学キーノート」八杉貞雄他訳 シュプリンガー・フェアラーク
   「Developmental Biology 8th edition」, by Scott F. Gilbert, Sinauer Associations, Inc.
   「Principles of Devlepment 4nd edition」, by Lewis Wolpert, Oxford University Press<


目次
  第1章 はじめに  発生生物学とは何か
  第2章 受精のしくみ
  第3章 胚発生の概略
  第4章 形態を調節する遺伝子-ホメオティック遺伝子
  第5章 転写因子と発生
  第6章 核移植とクローン動物
  第7章 モザイク卵と決定因子
  第8章 決定因子の分子機構、母性因子
  第9章 調節卵と母性因子、分化全能性
  第10章 誘導
  第11章 誘導の分子機構とシグナル伝達系
  第12章 細胞分化の安定性と分化転換、幹細胞
  練習問題
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|