日本語化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常の海外端末の日本語化方法で可能。
wm6.5なので日本語の表示だけであれば、デフォルトで可能。

■ レジストリ変更を可能にしておく

TRE Pocket PCのインストール

 表示→オプションから、関連づけを設定する

② インストール確認ダイアログ表示をオフ

 [KEY_LOCAL_MACHINE\Security\Policies\PoliciesValue]
 "0000101a"=dword:00000000 を  "0000101a"=dword:00000001 に
 regファイル

■ 日本語化

LetsJapanWM61r09のインストール

 インストール後、再起動の確認→「No」
 ※ ハードキーが完全に死亡します。 間違って再起動してしまっても、タッチ操作はできますので慌てずに。

ATOK for Windows Mobileのインストール

 インストール後、再起動の確認→「No」

③ ハードキー復活

 [HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Layouts\e0010411]
 “Keyboard Layout”=”00000409″を 追加
 regファイル

④ 日本語改行対策

 [HKEY_LOCAL_MACHINE\System\GDI]
 "DisableFarEastWordBreak"=dword:00000001 を "DisableFarEastWordBreak"=dword:00000000 に
 regファイル

⑤ フォントのインストール

 メイリオなど好みのフォントをWindowsフォルダなどにコピー

Pocketの手でフォントリンク設定

 インストールしたフォントを設定。システムフォントは等幅フォントにしないとOperaブラウザなどで表示が乱れることがあるようです。