Test第5回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Test第5回:お題【唱える際に支払い強制の追加コストを要求するカード



担当Picker:Omegaweapon



今回はあえて縛りのゆるいお題として出題させて頂きましたが、なかなか斬新なカードも散見されました。ゆるいお題なのでポイントは
  • オーバーパワーでないこと
  • 色の役割から大きく外れないこと
という基本的な2点のみです。



○通常Pick

  • 名も無き者様
思考を独占するもの (3)(U)(U)
クリーチャー イリュージョン・ミュータント
瞬速、飛行
《》を唱えるための追加コストとして、あなたはカードを3枚引く。
あなたはカードを引けない。
3/4
FT:やつが笑えば魔術師が泣く。

《ジェイスの創意》に3/4飛行がついてきた、そんな感じのカードだと思いました…最初は。しかし、よく考えるとこのテキストだと、実は3ドローの部分はどうやっても阻止できないんですよね。カードを引けないという大きなリスクがあるとはいえ、クリーチャー自身のサイズもさほど小さくないことを考えると、意外と強力なカードではないでしょうか。特にパーミッション絡みの試合で大暴れしそうなカードだと思います。


◎準大賞Pick

  • まっどほーる様
許されざる悪意 (B)(B)
インスタント
許されざる悪意を唱えるための追加のコストとして、あなたのコントロールするパーマネントを、あなたの選んだクリーチャー1体を除いてすべて生け贄に捧げる。
クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはターン終了時まで+X/+0の修正を受ける。Xは生け贄に捧げたパーマネントの総数である。

《憎悪》を髣髴とさせるようなハイコストのパワー修正カードだと思いました。ただし、あちらは支払うのに容易なライフであるのに対して、こちらはパーマネントを生け贄に捧げなければなりませんから、無色3マナ分軽いというのも頷けます。当然リスクもかなり高いですが、決まれば最高に気持ち良い1枚だと思いました。感染と一緒に使ったりしてみたいとも思った、そんな1枚でもありました。


☆大賞Pick

  • 名も無き者様
冥界からの借地 1黒緑
ソーサリー
冥界からの借地を唱えるための追加コストとして、あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードをあなたの墓地に置く。
あなたの墓地にある2枚までの土地カードを対象とし、それらをタップ状態で戦場に出す。
発掘3

《壌土からの生命》、あるいは《世界のるつぼ》を少し作り変えたようなカードのようにも見えますね。フェッチランドや、あるいは《不毛の大地》など生け贄で効果を発揮する土地を繰り返し使えるという点は例の2つと同様強力ですが、タップ状態で出るという1文がバランスを取っていると言えるでしょう。マナ加速としては少々安定性に欠ける点もまた、バランスを取っているように見えます。ただ、間違いなくかなり強力なカードではあると思います。遅い環境ならその強さが顕著に現れそうです。


★特別賞Pick

  • 通りすがりのジョニー様
エーテル宣誓会の怖いもの知らず(白/青)(白/黒)(青/黒)
伝説のアーティファクト・クリーチャー―ドレッドノート
エーテル宣誓会の怖いもの知らずを唱えるための追加コストとして、X点のライフを支払う。Xはあなたのライフの半分(端数切り捨て)である。

消失X
速攻,トランプル
エーテル宣誓会の怖いもの知らずが戦場から墓地に置かれたとき、あなたはその上に置かれている時間カウンター1個につき1点のライフを失う。
12/12

=======
プチ《クロヴの囁き》+《カルシダーム》+《ファイレクシアン・ドレッドノート》

…途中まで《クロヴの囁き》じゃなくて《極北シニョーバ》だったんだけど強すぎる気がして逆に…それでも強すぎるかなぁと思い伝説にしてみた。

追記:被覆は無いと増刊号で言われたので修正しました。

色々ぶっ飛んでるカードです。3マナ12/12という異常なサイズ、ライフの半分というコスト、そして破壊されたときのリスク、などなどまさにド級のカードではあると思います。そういえば、これを最初見たときに、同じトリプルシンボル(単色ですが)・速攻・トランプルの《ボール・ライトニング》をふと思い出したのですが、リスクを考えると完全に使い方が変わってきそうです。



それでは以上、Test第5回のPickでした!