※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ξ・∀・)


Mellpoの歴史は1,000年以上前、神秘的動機による移民達により設立された"the Mellpointer"の創設期に始まる。

厳格な弾幕指導者と行動規範を土台として、the Touhou Worldsは急速に拡大した―そして"the Mellpo Error"をネタと商業の絶対権力と化した。

一方で、"the Mellpo"の中核的創造者達を除けば、各々の構成世界はそれぞれの裁量に従い、創作体制や遊戯体系、文化を保っていた。


めるぽ めるぽ めるぽ ・ ・ ・
その言葉の紡ぐ麗しい旋律
そして 心の奥から 静かに湧き上がるひとつの衝動
わたしは 自らを縛るあらゆる鎖を断ち切り
今こそ使命を果たさん
ガッガッガッ

妻が夫のために朝食の目玉焼きを作っていたら
突然、夫がキッチンに飛び込んで来て、叫び始めた。

「気をつけて・・・キヲツケテ!もっとバターが必要だよ!ああ、だめだ!
君は一度にたくさん作り過ぎだよ。作り過ぎだよ!ひっくり返して!
今ひっくり返して!もう少しバターを入れて!あーあー!
バターがもうないじゃないか!くっついちゃうよ!気をつけて・・・
キヲツケテ!気をつけてって言っているのが分からないのか!
君は料理をしている時は、絶対僕の言うことを聞いてないね!
いつもだよ!ひっくり返して!はやく!どうかしているのか?
おかしくなったんじゃないのか?塩を振るのを忘れないで。
君はいつも目玉焼きに塩をするのを忘れるから。塩を使って。
塩を使って!塩だよ!」

妻は彼をにらみつけた。
「一体何があったのよ?私が目玉焼きの一つや二つも焼けないと思っているわけ?」

夫は穏やかに答えた。
「ξ・∀・)めるぽ」

ポニョ見に行った時、隣の7歳くらいのめるぽが映画始まる直前にポップコーンを食い始めた。
腹が減りまくっていた僕は、そのポップコーンを反対側からそっと食べ始めた。
次第に減ってゆくポップコーン。 残り2cmになったところで、めるぽは気づき泣き始めた。
め~るぽ~♪ 僕はキレた。

そして 「ちょっと!!この子の御姉さんは普段どんな教育してるんですか?」と叫んだら
後ろから姉がやって来て、「すみません・・・、メルラン・・・どうしたの?」と聞いた。
めるぽは目に涙を浮かべたまま空容器を指差し、「 わたしの、なくなったの~ 」 と言って
さらに激しく泣き始めた。
姉はめるぽに「メルラン・・・また買ってあげるから・・・」と言いつつ、周りにペコペコ謝りながら
僕の席の後ろまでやってきた。

「・・・リリカ、ほっぺにポップコーン付いてる」
思わずほっぺに手を当ててしまってから、慌てて振り返ると吐息がかかる程近くに姉の顔があった。
「ルナサ姉さん!!」
姉は小さく笑みを浮かべると三女の首筋を掴んでそのまま劇場を後にした。
扉を出るとポップコーン2つを両手に抱えためるぽがガッされるのを待っていた。

ξ・∀・)はいない

毎年3万人以上が自殺する
彼らだって、最後まで、何とか生きようと努力したはずだ
ξ・∀・)がいるなら、なぜ彼らを救わなかったのか

餓死する人 殺される人 天災で亡くなる人
死ぬ気がないのに死んでしまう人もいる
ξ・∀・)がいるなら救えばいいじゃないか

ξ・∀・)はいない
天国もない
今日も人々は他人を蹴落とすために奔走し
負けた者が死んでいく
それを救う者はいない

    ♪         _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧__
 ♪     Å=ニ= |                          |
∈≡∋ゞ (・∀・ξ/ <  誰か パンデミック 止めて パンデミック >
  |  _\と\と〆|,   |_胸が~  胸が~ _苦しくなる~  _  |
  | <><>巛|      ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  |Σ巛/\巛 |
/|\Σ\/ /|\♪


タイトル めるぽ
私が公園のベンチに座っていると、老紳士が横に座りこう言った。
めるぽ
ガッ 私はその老紳士を2人で座っていたベンチでどついた。
老紳士はフラフラになりながらもめるぽと言い続けた。
その瞬間、公園にいた人間がその老紳士をガッした。
私は興味本位でぬるぽと言ったら何も変わらなかった。


めるぽ

ξ・∀・)めるぽ
ξ;∀;) ξ・∀・) ξ・∀・) ξ・∀・) ξ;∀;)

ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;) ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;) 

ξ;∀;)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・) ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)

ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・) ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ;∀;)

ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)

ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ;∀;)

ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)

ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・) ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)

ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)

ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・) ξ・∀・)ξ・∀・) 
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ;∀;) 

ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・) 
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)

ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ・∀・)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)ξ;∀;)
ξ;∀;)ξ;∀;)ξ・∀・)ξ;∀;)
ξ;∀;) ξ・∀・) ξ;∀;) ξ;∀;) ξ・∀・)

ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)
ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)ξ・∀・)

(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ
(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ(・∀・ξ





  • 関連項目