※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


動作環境  


ARGOをプレイするために以下の環境が必要であると示しているが専門的用語では理解しにくい。これはどのオンラインゲームでもいえる。

動作環境一覧 標準動作環境 推奨動作環境
OS 日本語版 Microsoft Windows XP / Vista / 7
仮想デスクトップ、Server版、Windows XP Mode for Windows 7は動作対象外
CPU Core 2 Duo (Core i5) 以上 Core 2 Quad (Core i7) 以上
Athlon X2 (Athlon 64 X2) 以上 Athlon X2 (Athlon 64 X2) 以上
GPU グラフィックカード
※下はビデオメモリ
GeForce 8 Series 以上
256MB 以上
GeForce 9 (GeForce 200) Series 以上
512MB 以上
Radeon HD 2xxx Series 以上
256MB 以上
Radeon HD 3xxx Series 以上
512MB 以上
内蔵GPU
(ノート含)
マザーボード(またはCPU)内蔵型のビデオチップセットは上記相当性能の製品が対象
画面解像度 モニターおよびPCが最低 横 1024 Pixel、縦 768 Pixel 以上をサポートしていることが必須
RAM(メモリ) 2GB 以上 3GB 以上
DirectX DirectX 9.0c 以上
通信環境 VDSL 5Mbps 以上推奨(光通信など)

OS
Windows95・98・Me・NT・2000・Server 2003やMac系は使用できない。
Windows Vista はOS本体のデザイン(グラフィック)でメモリを他のOSとくらべて使用するので、パフォーマンスが落ちることがある。

UP▲

CPU
ARGOはCore 2 Quad (Core i7)を推薦しているが、Core 2 Duoで十分である。i7シリーズは動画キャプチャーや動画配信する場合に適している。

CPU 以下のCPUについて
事前に動作確認が必要
期待できない
期待できない

CPU交換時は事前にソケット形式を確認する必要がある。ただしノートパソコンは交換できない。

UP▲

GPU(グラフィックカード)
グラフィックカードは高価(ハイスペック)な物が良いと思いがちだが、CPUとのバランスが大事である。購入時は専門の者に搭載しているCPU元に相談すると良い。

UP▲

ノートパソコン
ノートパソコンは基本的には適さない。使用できるのは本体に、一覧のCPUGPUでいずれかのグラフィックチップが内臓されている必要がある。これらは本体に貼られているラベルで確認する事ができる。CPU・GPUは内臓により固定されているなるので変更できない。

UP▲

画面解像度
画面解像度は以下の方法で知る事ができる。

Winndows 7 Windows Vista Windows XP
デスクトップの何もないところを右クリック
画面の解像度を
クリック
個人設定をクリック プロパティをクリック
画面の設定を
クリック
「設定」タブを
クリック
「解像度」の項目に表示 「解像度」の項目に表示 「画面の解像度」
の項目に表示
UP▲

RAM
RAMはメモリのことであるが追加する場合、デスクトップとノートブック用の2種類の規格とモジュール規格がDDR2からDDR5まであるので注意が必要である。購入する場合は事前に説明書で確認するか、専門の者に相談する必要がある。

UP▲

DirectX
DirectXとはゲーム及びマルチメディア処理用プログラムである。グラフィック・サウンド・コントロールなど様々な役目を果たす。Windowsでは標準でインストールされているが、最新版のDirectXをダウンロードすることも出来る。

UP▲

通信環境(インターネット)
アナログ回線は使用できない。ADSLは電話局から2Kmぐらいをめどに通信能力が劇的に落ちるので、光ファイバー・ケーブルテレビなどが適している。

UP▲