英雄伝説 碧の軌跡 攻略Wiki

All: -
T: - /Y: -

メニュー

ストーリー攻略

支援要請

プレイヤーキャラ

アイテム

手帳

データ

戦闘

やりこみ・小ネタ

掲示板

考察 (ネタバレ注意)

その他




年表

年表(ゲーム本編開始前)

七耀暦 クロスベル リベール王国 その他の国家・勢力
先史 《幻の至宝》誕生
クロイス一族含め多くの人が《幻の至宝》を崇める
実験都市《リベル=アーク》
(《七の至宝》の1つ《輝く環》)
古代ゼムリア文明の繁栄
女神から《七の至宝》を授かり七派に別れる
0頃 《幻の至宝》消滅
《輝く環》の封印
セレスト・D・アウスレーゼにより建国
0頃 《大崩壊》古代ゼムリア文明の崩壊
~500 リベール王国軍編成 《暗黒時代》
500年間大小様々な国家、勢力による戦いが続く
500頃 《七耀教会》の登場
700頃 D∴G教団興る?
900頃 IBC創業 国土が現在の形に近くなる 教会により《古代遺物》の無断所持、不法使用が禁止される
952 帝国にて獅子戦役終結。皇子ドライケルスがエレボニア皇帝に
1110 貴族制度の廃止 カルバード共和国誕生
1134 クロスベル自治州成立
1148 マルコーニ誕生
1150頃 《導力革命》
1153 ストレガー社創立
1154 現クロスベル市庁舎完成 レマン自治州にてエプスタイン博士死去
1155 A・ラッセル博士によるオーブメント技術の提唱 エプスタイン財団設立
1157 ツァイス技術工房設立
カシウス・ブライト誕生
1162 アリシア2世即位(20歳) ガルシア・ロッシ誕生
1166 セルゲイ・ロゥ誕生
1168 世界初の導力飛行船が完成
1174 アリオス・マクレイン誕生 技術工房がツァイス中央工房(ZCF)へ改名
1175 サヤ・マクレイン誕生 飛行船公社の設立 《聖杯騎士団》設立
1176 ガイ・バニングス誕生
1177 ダドリー誕生 定期飛行船《セシリア号》就航
1178 移動工房船《ライプニッツ号》竣工 ノーザンブリア大公国に《塩の杭》出現
1179 ツァオ・リー誕生
ノーザンブリア大公国崩壊
1180 グレイス・リン誕生 ツァイス中央工房移築 ゲオルグ・ワイスマン七耀教会に入信
1181 セシル・ノイエス誕生
1182 イリア・プラティエ誕生
1183 ランディ・オルランド誕生
1184 ヴァルド・ヴァレス誕生
クロスベル駅完成
アルカンシェル完成
大陸横断鉄道開通
1185 ロイド・バニングス誕生
《クロスベルの鐘》が中央広場に飾られる
ZCF自然科学・医学研究部門を設立 ヨシュア・アストレイ誕生
ワイスマン封聖省に入省
1186 エリィ・マクダエル誕生
ノエル・シーカー誕生
エステル・ブライト誕生
1187 フラン・シーカー誕生 カルバード領海での客船《エテルナ号》沈没事故によりユーディス皇太子夫妻死去 ワジ・ヘミスフィア誕生
リーシャ・マオ誕生
1189 ヘンリー・マクダエル市長就任
1190 ZCF、エプスタイン財団と導力ネットワーク構想発表 ティオ・プラトー誕生
1191 レン・ヘイワース誕生
1192 クロスベル通信社フューリッツァ賞受賞 エレボニア帝国が宣戦布告(百日戦役)
レナ・ブライト死去
ハーメルの悲劇
1193 リベール=エレボニア間の講和条約締結 ルフィナ・アルジェント、従騎士になる?
1194 エリィの両親・離婚
マクダエル市長再選
IBC本社ビル移転
1195 ワイスマン七耀教会より破門
ティオが《D∴G教団》に拉致される
1196 マルコーニがルバーチェ商会5代目会長就任
《黒の競売会》1回目開催
レン《D∴G教団》に拉致される
《泰斗流》リュウガ師父、弟子ヴァルターとの試合にて死亡
1197 ヨシュアがブライト家の養子となる 結社によりレンが《楽園》から救出される
1198 ティオ、ウルスラ医科大学に数ヶ月入院 カシウス・ブライト、S級昇格 《D∴G教団》殲滅作戦
ルフィナ・アルジェント殉職
ケビン・グラハム《守護騎士》拝命
1199 ガイがティオをレミフェリア公国へ護送
サヤ・マクレイン死去
アリオスが警察官を辞職
コリン・ヘイワース誕生
マクダエル市長再選
ガレリア要塞に列車砲が配備される
1201 ガイ・バニングス殉職 情報部設立
レクターが王立学園を中退
1202 ミシュラムにテーマパーク開設
ワジがテスタメンツを結成
「空の軌跡FC」
第60回女王生誕祭開催
「空の軌跡SC」
リベール・共和国・帝国の不戦条約締結
ランディ猟兵団を抜ける?
帝国遊撃士協会襲撃事件
1203 ランディ、警備隊に入隊?
オズボーン帝国宰相非公式訪問
黒月貿易公司クロスベル支部開設
レン、人形工房に滞在開始
「空の軌跡SC」
導力停止の異変発生
「空の軌跡 the 3rd」
東方人街にて猟兵団《赤い星座》と《黒月》の抗争
エステル&ヨシュア、帝国で「審判の指輪」事件を解決
(プレストーリーコミック)
1204 「零の軌跡」特務支援課発足
70周年記念祭開催
エステル・ヨシュア・レン帰国(零の軌跡終了後)

前作

時期 出来事 参考
1ヶ月前 不良たち、ルバーチェの勧誘を受ける 3月初旬
2週間前 アルモリカ村の魔獣被害 3月中旬
3日前 不良たちが襲撃を受ける 3月29日
0日前 聖ウルスラ医科大学の魔獣被害 4月1日
【基準】 ロイドがクロスベルに帰郷 4月1日
2日後 旧市街で喧嘩の仲裁 4月3日
5日後 「喧嘩の仲裁」解決、鉱山町マインツの魔獣被害 4月5日
1週間後 第1章 4月中旬
1ヶ月+3週間後 《アルカンシェル》に脅迫状が届く 5月下旬
2ヶ月後 第2章 6月
3ヶ月後 第3章 7月(5日間)
3ヶ月+1週間後 インターミッション 7月中旬
3ヶ月+2週間後 《蒼の錠剤》が出回る、各所で異状が散見され始める 7月下旬
4ヶ月後 第4章・終章 8月
8ヶ月後 クロスベル市長選挙 11月


今作

七耀暦1204~1205年
序章前 特務支援課、一時解散 CDドラマ内・前作エピローグと同期
序章 ロイドたち、共和国内アルタイル・ロッジでアーネストを逮捕 前項から約一ヶ月
1章 特務支援課、新メンバーで再始動 序章から2日後
2章 オルキスタワー完成
西ゼムリア通商会議 1204年初秋・1章末から2週間
テロ事件発生。実行犯は死亡あるいは拘束される
インターミッション ロイドたち、ミシュラムで羽を伸ばす
3章 猟兵団がマインツ方面を占拠。支援課と警備隊の尽力により猟兵団は撤退
4章 クロスベル市襲撃事件
クロスベル独立の是非を問う住民投票が行われる
クロスベル、国家独立宣言。ディーター市長、大統領に就任
帝国、共和国ともに混乱状態に
帝国・共和国 軍事介入するも撃破される
断章 ロイド、留置所から脱走 4章末から1ヶ月
終章 マクダエル議長、独立国無効宣言
クロスベル市開放作戦、ディーター大統領逮捕
湿地帯に碧の大樹が出現
特務支援課、大樹攻略。大樹は消滅
終章後 エレボニア帝国、内戦終了
エレボニア帝国、新体制でクロスベルに侵攻
1208? クロスベル自治州、エレボニアの占領から解放

更新履歴

取得中です。

新着ページ

取得中です。