信じられる人たち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスコミで原発批判はタブー



以下のような書き込みを見つけた


電力会社に都合の悪い情報を流す人たちには、えげつなく容赦ない対応をしていたようです。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

番組で広瀬隆と広河隆一を起用したとして、
電事連(電力業界の宣伝をになう)が、
ニュースターから広告を引き上げました。


東電を批判したということで、他のラジオ局からも引き上げたそうです。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\




人物








アイドル・藤波心(14)
ブログに原発問題や原発に関するメディア報道について批判文を掲載

3月23日に「批難覚悟で……」というタイトルで、危険なのに安全といった情報を横並びで垂れ流すマスコミ報道のおかしさを批判。

内容
「微量とはいえ空気中の放射性物質を吸い続け、微量とはいえ、汚染された野菜を食べ続け、微量とはいえ、汚染された水を採り続ければ……影響があることくらい、バカな中学2年の私でも分かるのに!!」「実際は大変深刻なのに、大丈夫なように軽く報道する……これは何て言うんですか???」

「(原発事故は)想定外だった、想定外だったってみんな口をそろえて言うけど、原発は、事故った時、甚大な被害がでるから、『想定外』はあってはならないと思うんですケド……」。

「じゃあ、原発廃止したら、足らない分の電力はどうするんだって、言うけど、それの答えは簡単。今の原子力に頼らない電力の生活に社会全体のシステムを変えればいいのです」


発言はネット上で広まり話題に。