放射性物質の規制値


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放射性物質の暫定規制値


暫定(ざんてい)とは、仮に決めた値。


政府は、これまでこの暫定基準は一生食べ続けた場合の数値と説明してきましたが、実際には放射性物質が次第に減少することを前提とした
一時的なものであることが分かりました。

政府の発表やテレビに出てくる解説者=原発推進派の専門家は、「ただちに健康被害は無い」と言っていますが、それは短期間の摂取について。

長期間摂取したときの被害を想定していない。これも「想定外」で済ませるんだろうか?



放射性ヨウ素


各国基準(リットル)

アメリカ・・・・・・・・・・・0.111ベクレル
ドイツ・・・・・・・・・・・・・0.5ベクレル
WHO(通常時)・・・・・1ベクレル
WHO(緊急時)・・・・・10ベクレル
日本(~3/17)・・・・・10ベクレル
日本(3/17~)・・・・・300ベクレル(乳児は100ベクレル)
日本(3/22千葉)・・・336ベクレル


日本の規制値がずば抜けて高いのだが、一部の農家などはこの規制値を緩和してほしいと要望しているとか。(生活は大変だが、他人の健康より金儲けしか考えていない。こんな人たちが産地偽装するんだろうな)