※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 ワーカーの需要と供給説 (供給過多で価値低下)

2 オーナーとワーカーによる囚人のジレンマによるリスク回避の結果。(社蓄になり最悪回避)

3 法律を守らない+申請しない説 (労基署に申請するのはリスクが高過ぎる?)

4 オーナーの力不足(それどころじゃない)

5 ワーカーの体質の問題(社蓄ならいろいろ考えなくていいし)

6 既存のシステムの問題説(年功序列 ピラミッド構造 トップダウン 独裁制)

7 学校の存在(社蓄養成所、集団洗脳、上下関係、環境適応、社会からシャットアウト)

8 ワーカーが世の中のこと知らなさすぎる説(経営、市場、仕組み、制度、グローバル比、政治、統計)

9 ワーカーがリスクを取らなさ過ぎる?

10 生活のため、家族のため

11 通貨に価値が付きすぎてる?

12 一つの職に40年 転職回数多いと評価が下がる 職業の変更はリスキー 雇用の流動性がない

13 履歴書に傷が付くと採用で不利になる。☓空白期間 ☓転職多い

14 効率・理論より根性/精神論

15 新卒一発勝負

16 ワーカーがワーカーを追い詰める 自殺/精神疾患増加