※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本がW杯に参加した記念にプレイしたゲーム。
W杯中にクリアする予定であったが、
難易度の高かったために、クリアはW杯が終わった後になった。

ホイッスルの音がやけに大きい
ファウル=レッド&相手選手負傷確定
ファウル基準が運
選手の能力差が激しすぎる
CPUのキーパーがザル
延長戦がなく引き分けはPKになる
PKはCPUが圧倒的に有利
等々、色々酷いことになっている。

日本でHUMANカップ優勝を目指すことに
日本主要選手
カズクン:レールガン(ロングシュート)で大量得点をあげれる主力選手
タケゾウ:足が速く守りの要、点も一応取れる。
カマモチョ、オクヘラ:オール1じゃないのに何故か控え。嫌がらせ?
モリザキ:キーパー。ボールをキャッチできない。
タケエダ:オール1じゃない人。ごく稀に得点するが、カズクンの邪魔をする。
コツカ、キクハヤ:1、1、2の人。でも、オール1と一緒。
カトキウ:オール1。ファウルが得意。
チュウヤ:オール1。エースを潰すのを得意とする。
シャシャキ:オール1。伝説の控え
その他の選手:オール1。数合わせです。

VSベルギー
最初の相手で日本より格下。キーパー操作に不慣れなため馬鹿試合に。

VSウルグアイ
同じく格下。カズクンのレールガンで圧倒。

VSユーゴスラビア
格下。大量得点で先制した後に追いつかれ逆転されて
後半に再度逆転した熱い試合でした。

VSコロンビア
苦戦した。9番のハレテラマがカズクン並の点取り屋で3敗した。
ハレテラマは合計4試合で30得点はしてるはず。

VSアメリカ
初の完封試合。

VSフランス
1度負けたが、二度目で勝利。ヒエールとナポレヨンが強かった。
しかし、この頃のフランスはこんなに弱いとは。

VSアイルランド
最強のGKに大苦戦した。何度負けたか覚えてない。
初PKを経験したがもちろん負け。
勝った試合も終始ヒヤヒヤのゲーム。

VSルーマニア
マジさんがいるチーム。サジとバーツは?
一発打開。

VSカメルーン
能力は高いがファウル率が高すぎるチーム。
一戦目は主力の大量退場で完敗。
二戦目は雑魚がファウルを受けてファウルできなくなってから主力投入して勝利。
ミイラだけ最後まで一人で頑張っていたが一人では勝てない。

VSイングランド
ザルキーパーをカバーするスイーパーというフォーメーションで
カズクンのレールガンを防いだ。
しかし、カズクンのレールガンがそれを上回った。

VSオランダ
格上だけど、レールガン無双で余裕の勝利。

VSブラジル
サッカーの神様ジッコーよりもハレッカの方が目立った。
割と地味に苦戦した。

VSイタリア
アイルランド以来の大苦戦。キーパーが地味に強い上に
スキダチが鬼の強さ。6戦?位してようやく勝利。

VSアルゼンチン
イタリアと同じく苦戦。マラドナとカニジャと審判が強かった。
キーパーもそこそこ強く何度も負けた。カニジャ点取りすぎ。

VSドイツ
最後の相手。でもキーパーがザルで余裕の一発打開。
誰が主力かさっぱり分からなかった。

そして・・・優勝

しかし、審判に奪われ
審判のチーム(ヒューマン)と戦うことに

VSヒューマン
全選手が別次元の強さを誇るヒューマン。キーパーのゲンゾウはレールガンを楽々キャッチするしどうしようもないと思った。しかし、新たに入るシュートコースを発見してなんとか戦えるようになった。
しかし相手は強すぎた。何度も何度も負け続けた。
雑魚がファウルを貰うことを願い続けたがダメだった。

しかし、次の日の朝に審判がデレて勝利。4人退場したら勝てるわな。
結局打開まで合計6時間位かかった。

お疲れ様でした。

面白くて熱い試合展開も多かったのですが、スレは結構落ち着いてた様な気がします。
多分、思ってた以上に長くなったのとレールガンばかりで点を取ってたからだと思う。