説明欄

使用方法

自分、ターゲット1~4の「このフロー」「このフロー以外全て」「指定IDのフロー」の中から

指定されたフローに対して「開始」「終了」「一時停止」「再開」「削除」「永久停止」の

操作を行うことができます。また、実行条件を付けることも可能。

関連情報