メッセージを表示します。
上の枠に表示したい文章を書きこんでください。

#C1~255.でコモン変数、#S1~255.でステージ変数を表示

これにチェックを入れると、コモン変数やステージ変数の数値が表示されます。
例えば、コモン変数1番に5が入力されている状態の時、「#C5.」と記述したメッセージを実行するとゲーム画面では5が表示されます。
表示に関するオプションもあり、これに関しては実際にやってみると分かりやすいです。

コモン変数1番に5を代入した場合

書き込んだ物 実際の表示
#C1. 5
#C1_3z. 005
#C1_3zp. +005

 

また、その際【自動で更新(変数の変化に対応)】にチェックをいれておくと、変数の値が変化してもちゃんと更新されて正しい値が表示されます。

ウィンドウの表示

チェックを外すと文字だけの表示になります。Windows.bmp以外でウィンドウを自作したい時などに使うと良いかもしれません。

メッセージの消去 メッセージID

メッセージを消去したらメッセージを入れ替えたり出来ます。
 

表示位置

画面の中央、自分の上下や中心、主人公の上下や中心、X,Y指定で画面座標やステージ座標を指定して表示できます。

画面からはみ出ないように自動調整

位置表示を設定したメッセージに限り有効です。

画面に追従する

表示時間が「時間で指定」の場合に選択可能です。
画面がスクロールしてもメッセージの位置が変わりません。

表示時間

【進行キーが押されるまで表示】

進行キー(初期設定でZキー)が押されるまでメッセージが表示され続けます。また、メッセージ表示中はゲームウェイトがかかります。

【ステージ終了まで表示】

ステージが終了するまで表示し続けます。

【時間で指定】

どれだけの間表示するか1/10秒単位で指定できます。また、表示中に一時停止(ゲームウェイト)するかどうかを選ぶことも出来ます。

【瞬間表示(1/60s)】

ピクチャーを1/60秒間だけ表示します。

 関連情報

ピクチャーの表示