※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「トップ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

トップ」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 ここはアントン様作のアクションゲーム制作ツール、
 &bold(){「アクションエディター4」}のテクニック集・資料サイトのようなものです。
 
 
 アクションエディター作者、アントン様サイト→&bold(){[[おもしろゲーム神殿>http://www.omoshiro-game.com/]]}
 
 2017/5/23 このwikiの方向性が定まらない為、現在ほぼ凍結状態としております。
 現在[[コメントページ>コメントページ]]のみだれでも編集可とし、他の全てをメンバーのみ編集可へ変更いたしました。
 
 
-**&bold(){アクエディ4現在バージョン 8.96(-2017/4/22-)}
-#region(closed,詳細(おもしろゲーム神殿より引用))◆ゲーム:「ワープ」コマンドにおいて、目標座標をdot単位で設定できるようになる。
-◆ゲーム:フローの基本条件における「ステータス条件」と、「ワープ」及び「ステータスの操作」コマンドで「Y座標」を「絶対座標」か「画面座標」で設定するとき、「巨大化キャラの座標位置」を決められるようになる。これは巨大化キャラの中心の座標を設定するか、キャラの中央下(巨大化していないときのキャラの中心と同じ)の座標を設定するかを選べる。
-◆ゲーム:「ステータスの操作」と「コードの実行」コマンドで、キャラのX・Y座標を変更したとき、本来の位置よりも右や下にずれてしまうバグを修正。今回の修正に伴って、システムの設定に「巨大化キャラに対する「ステータスの操作」または「コードの実行」コマンドによるX・Y座標の変更はバージョン8.90の動作を適用する」を実装しました。バージョン8.90のデータを今回のバージョンに引き継いだ場合、この設定は有効になっています。
-◆ゲーム:「コードの実行」コマンドにおいて、従来のバージョンでは巨大化キャラに対してY座標を代入(=)すると、その代入した値がキャラの中心座標になりましたが、このバージョンからは歩行キャラならキャラの中央下の座標、飛行キャラならキャラの中心座標に代入されるようになる(8.90以前の「ワープ」と同じ仕様になる)。つまり、歩行キャラに対する動作のみが変わります。今回の修正に伴って、システムの設定に「歩行の巨大化キャラに対する「コードの実行」コマンドによるY座標の変更はバージョン8.90の動作を適用する」を実装しました。バージョン8.90のデータを今回のバージョンに引き継いだ場合、この設定は有効になっています。
-◆ゲーム:バージョン8.22以降の「ワープ」コマンドにおいて、ワープ位置を画面座標で指定すると本来の位置よりも少し下にずれてしまうバグを修正。今回の修正に伴って、システムの設定に「巨大化キャラに対する「ワープ」コマンドにおける「画面座標」へのワープ位置はバージョン8.22~8.90の動作を適用する」を実装しました。バージョン8.22~8.90のデータを今回のバージョンに引き継いだ場合、この設定は有効になっています。
-◆ゲーム:「メッセージ」「ピクチャーの表示」「エフェクトの表示」コマンドにおいて、表示位置に「画面座標で指定(中心を指定)」と「ステージ座標で指定(中心を指定)」を追加。画面座標とステージ座標で表示位置を指定する場合、これまではメッセージやピクチャーの左上の座標を指定しなければならなかったが、今回の更新により中心の座標を指定することもできるようになる。
-◆エディター:従来のバージョンにおいて、アクションエディター4のアップデートでデータを引き継ぐとき、仕様上はアップデートによってゲーム中の動作が変わらないケースでもゲーム中の動作が変わってしまう可能性があるバグを修正。ただし、引き継ぎ「元」がこのバージョン(8.96)以降である必要があります。今回修正したバグは、メインメニューの「プロジェクト」>「システム」における「システム7」タブ以降の「互換性」枠のチェック項目の状態(バグ修正前の動作に戻すかどうかの設定)が関係しています。アップデートでデータを引き継ぐ場合、プログラムはアップデートによって(ゲーム作者の許可なしに)ゲーム中の動作が変わらないように暗黙で「互換性」枠のチェックを入れますが、仕様上は暗黙でチェックが入るはずのケースでも入らない可能性があったのです。このことについて詳しく説明すると非常に長くなるだろうし恐らく正確に伝えられないので詳しい説明はなしとさせていただきます。尚、この不具合が起こったとしても「互換性」枠のチェック項目を見直すことで旧バージョンの動作に戻すことは可能でした。
-◆その他、細かいところを修正。
+**&bold(){アクエディ4現在バージョン 9.01(-2017/7/24-)}
+#region(closed,詳細(おもしろゲーム神殿より引用))◆ゲーム:バージョン9.00において、「アレンジ」コマンドで次のパラメータを対象にするとアレンジに失敗するバグを修正。
+・向き変更:効果音
+・ジャンプ:効果音
+・ブロック召喚:ブロック
+・キャラ召喚:キャラ
+・アイテム召喚:アイテム
+・アイテムの取得:アイテム
+・キャラエフェクトの実行:キャラエフェクト
+・画面エフェクトの実行:画面エフェクト
+・効果音の再生:効果音
+・BGMの再生:BGM
 
+今回のバグはいつも以上に酷かった…
+時間や精神面に余裕がないとき、どうしてもテストプレイの時間を削ってしまうんですよね…それほど複雑なこともしていないからバグが出ない自信も無駄にあって。
+複雑なことをしているものはテストプレイ済みなのですが。
+ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
 
-とあるミスから膨大な時間を費やしましたが、無事にバージョン8.96βを公開できました。
-今回の更新により、バージョン8.90βで実装された座標の取得機能が活かしやすくなったと思います。
-前回のお知らせで一旦は座標の取得機能を非推奨とさせていただきましたが、それもこのバージョンで解除となります。
-座標の取得関連は機能的にはこれで完成のつもりです。
-(まだバグが出る不安はあるので「β」のままですが)
 #endregion
 
 .