柴田郡柴田町


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仙南中央病院の鈴木健院長が13日夜、 東京・港区の報知新聞社に、物資不足の窮状を訴える電話を寄せた。

 院長によると、病院のある柴田町や周辺市町は津波の被害こそなかったが その後、物資が届かなくなり「完全に孤立してしまった」という。「周辺の大河原町、 角田市の住民らを含め20~30万人が孤立してしまっている。何とか現状を伝えて ほしい」と、深刻な現状を訴えた。仙南中央病院には、重度認知症患者ら150人が 入院中だという。

 「ガソリンがなく、車で物資調達に行くこともできない。電気、ガス、水道はストップ しており、メールやインターネットもつながらない」と院長。町役場にこの日、1台だけ 設置することができた衛星回線の電話で、本紙に現状を伝えた。「食料が不足して、 1日おにぎり1個で過ごしている。どんどん危機的状況になっている。自家発電の 燃料も乏しく、このままでは2、3日中に、餓死、凍死者が出てしまう」。 県の対策本部等には、電話がつながらないという。

詳細情報待ち