金子和樹


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7月5日

みなさんは、覚えているでしょうか?今から10年前の9月11日午前8時46分、アメリカ、ニューヨークのワールドトレードセンター(世界貿易センタービル)の北棟と南棟に乗客を乗せた旅客機が激突しました。日本の朝のニュースでも、二つの塔が崩れていく様が映されていました。TVに写ったその光景は圧巻としか言い用がなく、さながら映画の一場面のようでした。この事件で標的にされたのは、世界経済の中心地とも言われているニューヨーク。ビルの群れの中で一際目立つワールドトレードセンタービル北棟・南棟。アーリントン州にあるアメリカ合衆国国防総省本部舎ペンタゴンだ。ワールドトレードセンター北棟には、アメリカン航空11便。南棟にはユナイテッド航空175便。国防総省ペンタゴンにはアメリカン航空77便が激突した。また、ユナイテッド航空93便もハイジャックされワシントンに向かい国会議事堂かホワイトハウスを狙ったと言われている。激突した旅客機は三機とも衝突後炎上し、原型は残らなかったという。被害は、死亡者2993人。負傷者は6291人を越え。行方不明者24人。という記録がされている。被害の大きさ、計画の規模等で知らない人の方が少ないこの事件。首謀者は、イスラム教の過激派集団、シーア派の組織アルカイダだと言われている。そのアルカイダという組織の長がオサマ・ビン・ラディン氏だ。
ここでラーディン一族について少々話しておこう、ウサーマ・ビン・ラーディンの父のムハンマド・ビン・ラーディンは、イエメンのハドラマウト地方の名家の出身(ハドラミー)で、第一次世界大戦前に、イエメンからサウジアラビアに移住し、1931年、荷夫から身を興しサウジアラビアの建設業関係の財閥「サウジ・ビン・ラーディン・グループ(SBG)」を柱とするラーディン一族を形成した。一族の巨額な財産分与が様々な方面に流出した結果、そのいくつかがイスラム教原理主義テロ組織の資金源になっているとされる。グループは石油ブーム時代に建築業で財を成し、マッカおよびマディーナのモスクの修理を任されるほど、サウード家と深く結びついている…。そんな彼が、なぜテロを計画したのか。なぜテロを起こすほどの反米感情をもったのか。きっかけとしては、諸説あるがイスラム教の聖地であるメッカ・マディーナを有するサウジアラビアの国内にアメリカ軍の駐留させないように求めた。しかしアメリカ大統領・ジョージ・H・W・ブッシュの圧力に負けたサウード家は異教徒のアメリカの軍の駐留を認め、イスラム世界を驚かせた。湾岸戦争はビン=ラーディンの反米活動を急速に激化させていった。その後、各地で自爆テロなどの無差別テロを行なっていくことになる。
同時多発テロから10年後の5月1日、ジェロニモ作戦といわれるアメリカの奇襲作戦により、テロの首謀者と言われるオサマ・ビンラディンが暗殺されました。作戦名に使われた’’ジェロニモ’’とは、開拓時代アメリカに最後まで抵抗した先住民の名前から取っているそうです。アメリカにとってビンラディンは最後まで抵抗した反逆者だったのでしょうか。殺さなければならなかったのでしょうか。
私は、今回の暗殺作戦はこれからのアルカイダとアメリカの関係としていい策ではなかったと思います。なぜなら、ビンラディンは殺されたが後継者としてアイマン・ザワヒリが、アルカイダの司令官として就任するのではないかと見られている。たしかに、今ままでアルカイダのシンボルとしてビンラディンは、組織を引っ張ってきた。しかし、彼が殺されてもアルカイダは続いて行くし、逆に反米意識は高まってしまうのではないだろうか。



6月15日 スピーチ
皆さんは、覚えているでしょうか今から10年前ブラウン管の中で二つの塔が崩れていくのを・・・
9月11日ワールドトレードセンターに飛行機がぶつかりタワーが崩れ多くの人が命をおとしました。
それから、10年後の今年この同時多発テロの首謀者と言われているウサマ・ビンラディンがアメリカ軍によって暗殺されました。

ここで、謎になるのがウサマが率いるイスラム教過激派アルカイダという組織は、なぜアメリカを恨みテロに至ったのでしょうか
今回は、この謎を時代の流れという視点からみていきたいと思います。

レポートの流れ
イスラム教の説明・ビンラディンの説明・アメリカとイスラムの歴史・なぜ同時多発テロがおこったか・まとめ。





~~~~~~~~~~~~~~~



6月1日 スピーチについて
僕が、調べてみたいことは「アメリカ同時多発テロ」についてです。
なぜかといえば、今年で10年目に入ったという時に、首謀者と言われているオサマ・ビンラディンが見つかり暗殺された。
ここで、またこのいろんなことがかかわっている事件についてもっと詳しく調べてみたいと思ったからです。
過去から、現代につながる謎とこれからの影響について考えたいと思います。




~~~~~~~~~~~~~~
4月27日 課題 興味を持った事
私が興味を持った事は、オイルショックについてです。
1973年10月に第四次中東戦争が勃発した。それを機に原油原産国が原油価格をあげた。
この事をうけて、トイレットペーパーなどの石油製品の価格高騰した。


~~~~~~~~~~~~~~
金子和樹です。
出身は、果物大国やまがたです。

今住んでいろところは、小田急線の鶴巻温泉というところです。
最近は、ホームシックになりかけています。
だから、顔を見かけたら声をかけてください。

高校3年の写真です。
自分の顔くらいある おにぎり
をプレゼントされて記念撮影をしちゃいました。
添付ファイル