※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お知らせ


この活動は主催者卒業に伴い終了いたしました.
2014年2月現在,社会人向けに統計を勉強する朝活を行っております.
ご興味のある方はFacebook(中山智文)にてご連絡下さい.

T-action



T-actionとは前部長である中山智文(S科3年)を発端としたいくつかの活動の総称である.主に以下に述べるようなことを計画している.

  • 様々な分野の勉強会(対象:学部1〜4年生※大学や学科は問わない.)
  • 学校の勉強の補助的な演習会(対象:学部1〜4年生※基本的に数学科の学生)
  • 高校生以下の数学の学習に意欲的な学生のマッチング(対象:詳細参照)


詳細は以下に述べる.

勉強会について



勉強会は主に学部1~4年生のすべての大学,学部,学科を対象としている.ある程度数学にも興味がある人が好ましい.


勉強会は以下のような分野から計画している.

  • 数理科学や応用数学(情報理論,機械学習等)
  • プログラミング(Web系またはスマートフォン向けアプリ開発)
  • ビジネス,マネジメント等

講師となる人がいるわけではなく,あくまで勉強会でありその主たる目的は各自に責任を持たせ,怠けず最適なペースで各々を勉強させることである.また,議論の中でより強固な知識の基盤を作ることである.


勉強会は参加したい分野の勉強会に参加してくれれば良い.どの分野も活動はすべて基本的に毎週であるが,試験前などはこの限りではない.また,経験上それほど早いペースで進んでいけるとは思えないので長期休暇に活動を集中させる.場合によっては合宿も計画する.

メンバーが少なくとも3人以上あつまらなければ開催しない.

都合があえば講師を呼ぶこともある.


演習会について


演習会は主に学部1〜4年の数学科の学生を対象としている.

演習会は基本的に次の分野である.

  • 解析学(微分積分学)
  • 線形代数学
  • 代数学

参加者の実力によっては一人ひとりで演習すべき内容が異なることも予想されるのでその時はそれぞれに対処する.

勉強会と同じく,その主たる目的は各自に責任を持たせ,怠けず最適なペースで各々を勉強させることである.また教えあいの中でより深い理解を得るためのものである.

勉強会と同じく,活動は毎週であるが,週一での活動では十分な効果を得られるとは思えないため,長期休暇にも活動を集中させる.場合によっては合宿も行う.

メンバーが2人以上いれば開催する.

数学科の学生でなくとも,興味とやる気があれば他学科でも歓迎する.ただし,ある程度数学的な議論となることは覚悟の上で来て欲しい.




学生のマッチングについて


主にすべての小学生,中学生,高校生を対象にしている.また,協力してくれる方であればどこの大学生でも社会人でも,企業でも学校でもサークルでも歓迎する.

大学数学を学びたいのだが,どう学んでいいかわからない.もっと数学が大好きな人達と集まって数学がしたい.そのような声に後押しされ,この活動は生まれた

基本的にT-actionからは彼らの集まる場を提供する.集まったのが地方の人であるときはSkypeやお絵かきチャットを利用した勉強会を開催する.また,希望があれば長期休暇には参加するすべての人を理科大に集め,交流する機会を作る.

しかし,少なくとも同じ実力程度の学生が3人以上集まらないと開催しない.

人が集まらず開催されなかった場合でもぜひ東京理科大学数学研究部の部室に来て欲しい.
来るときは下記のメールアドレスに来る日時をメールしていただければ助かる.


毎日来てもらっても構わないし,気が向いたときに来てくれれば先輩方が楽しい数学の話をしてくれるだろう.

活動に協力していただける個人,または団体の方も上記のメールアドレスに連絡いただければこちらからも返信する.もちろん,協力してくれる場合はそれだけのメリットが提供できるように工夫する.しかし,基本的なスタンスはあくまでボランティアや社会貢献だと思って欲しい.






会費について


勉強会,演習会は数学研究部の部員となって受けることが望ましい.そこで払う----部費とは別に
T-actionでは各自責任を持たせるためにデポジット制とする.

勉強会,演習会参加者は毎月500円をT-actionの会計に預ける.
真面目に勉強をしなかったり,課題をしてなかったりした場合,そのお金は没収する.
一度没収された場合次の月の預ける金額は250円プラスされる.

問題なく,真面目に勉強し,課題をしてきた場合そのお金は返される.
問題があったかどうかの判断は主催者の中山の判断である.
中山の活動の問題の有無は参加者の指摘によって会計が判断するものとする.
中山のデポジット金額は基本的に他の参加者の最高額の倍である.
よって中山は参加者の勉学が問題なく行われるように努力する

没収されたお金は講師を呼ぶときの経費や節目ごとの打ち上げ費用やその他のT-actionの活動の経費とする.年末に残っていたお金が1万円を超えていた場合は参加者に分配する.一万円未満だった場合数研の部費とする.

ビジネスの勉強会での実践における利益は基本的にこの経費に回される.

マッチングに関しては会費はとらない.また,数学研究部に入部する必要はない.




参加希望について


すべて下記のメールアドレスに送っていただいて構わない.ただし,T-actionで何をしたいかを簡単に書くこと.




もちろん,見学だけであったり,とりあえずの参加も認められる.
その場合は勉強会,演習会は仮入部の扱いとなるので部費はとらないが,デポジット(500円〜)は預かる.


マッチングの見学やとりあえずの参加はそのようにメールに記載して送るだけでよい.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|