セロトニントランスポーター遺伝子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セロトニントランスポーター遺伝子とは
神経伝達物質であるセロトニンの伝達に関係する遺伝情報が書き込まれた遺伝子である。
性格に大きく関わっている遺伝子である。


セロトニントランスポーター遺伝子の組み合わせは3通り。 LL型、LS型、SS型。
  • SS(緊張しやすい・不安を感じやすい・慎重)内向性性格遺伝子
  • LS(比較的緊張しやすい)
  • LL(動じない・緊張しない・大胆)外向性性格遺伝子


各国の割合

       SS型     LS型     LL型
日本人   65.1%    31.7%    3.2%
アメリカ人 18.8%    48.9%    32.3%

29カ国50135人の遺伝子調査の結果。
黄色人種はS型不安遺伝子をもっている割合が高く70~80%。
これに比べて白人は40~45%となっている。
29ヵ国の中で、S型不安遺伝子保有者の割合が一番高いのが日本で80.25%、
ついで、韓国の79.45%、中国が75.2%、シンガポール71.24%、台湾70.57%。
スペイン46.75%、アメリカ44.53%、英国 43.98%、ドイツ43.03%。
そして、一番低いのが南アフリカの27.79%。