これまでの情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


これまでの情報について。

公式情報

2012年1月27日
Wii Uを日本・アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアで2012年末商戦期に発売
2012年6月のE3で詳細を発表
コントローラーにNFC(近距離無線通信)機能を搭載
ソース

2011年4月25日
Wii の後継機を2012年に発売
2011年6月7日からアメリカで開催のE3ショーにて詳細な仕様を発表(体験可能)
ソース(PDF)


任天堂 E3 2011 情報ページ
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2011/

任天堂株式会社 公式Twitter
http://twitter.com/#!/Nintendo
任天堂からのお知らせや、ホームページの更新情報をお伝えします。
ご質問・お問い合わせにはお答えしておりませんのでご容赦ください。

2011 E3 Expo アナリスト Q&A セッション
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/110608qa/

非公式情報(噂)

以下は、任天堂から公式に発表された情報ではありません。信憑性は高くないので悪しからず。
非公式情報ですので矛盾している点も含まれます。

【本体仕様】
  • CPU
    • Quad Core、PowerPCベースの3GHz 45nm CPU
  • GPU
    • 40nmのATIベースGPU、詳細は不明
  • メモリ
    • CPU内蔵型の768MB DRAM
      • CPUとGPUの間で共有が可能
    • IBM製 1GB RAM

ソース

  • Wii Uは、ゲームキューブのソフトをダウンロードして遊べる?



これより下の項目は、E3 2011前に掲載されていたものです。

【本体仕様】
  • CPU: 3コアIBM PowerPC or AMD Fusion or AMD Trinity or 3コアIntel製プロセッサー
    • Custom IBM Power 6 Chip (Codename Fox), Quad Core 3.5GHz
    • Xbox 360によく似た構成
  • GPU: AMD R700改訂版 or AMD Fusion or AMD Trinity
    • Custom AMD RV770 (Codename Wolf) 766MHz
    • 最低でもXbox 360やPlayStation 3と同程度以上の性能
  • メモリ: 512MB XDR2 DRAM (Main), 1024 GDDR5 VRAM (Video), 16MB eDRAM
  • ドライブ: DVD or Blu-ray(25GB)
    • ニンテンドーゲームキューブ専用ディスク・Wii専用ディスクと互換性
  • サイズ: Xbox 360と同程度 or Wiiと同程度
  • 映像出力:1080p or 1080i対応(3Dにも対応)
    • ヘッドマウントディスプレイ採用
  • ストレージ: 2.5インチ 250/320GB SATA
  • 8GBのフラッシュメモリ搭載
    • 64GBまでのSD/SDHC/SDXCカードで拡張可能
      • セーブデータを保存可能

【コントローラー仕様】
  • スクリーン解像度はHD or Semi-HD (一部情報では800x500 or 960x640)

【価格】
  • 250ドル or 350~450ドル




【サードパーティーリスト】
  • スクウェア・エニックス
  • カプコン
  • セガ
  • KONAMI(コナミデジタルエンタテインメント)
  • バンダイナムコゲームズ
  • アクティビジョン・ブリザード
  • エレクトロニック・アーツ
  • ユービーアイソフト
  • ロックスター / テイクツー

【その他の噂】
  • 任天堂はカリフォルニア州オレンジ郡で多数の手タレ(手が専門のタレント)を使いプロモーションビデオを撮影した
  • 生産は早ければ2011年10月から始まる

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。